歌花史庵 かかしあん

タグ:お料理メモ ( 8 ) タグの人気記事

ちゅんのお義母さん

d0133693_22285126.jpg

ちゅんの5きょうだい。

上はお母さんかな?

d0133693_22302238.jpg

割りと最近のご飯。

たぶん、湯掻いて冷凍しておいたノラ・ボーの肉味噌胡麻炒め丼。
上に乗っているのはかぐら南蛮の酢漬け。

d0133693_22331993.jpg

お野菜だけだと売れないので、工夫し始めました。

濃いぃ出汁を取ると食べてもらえるらしい。

d0133693_22345677.jpg

肉なし和風肉じゃが。

濃いぃ出汁で煮込んだだけだけど
虎の子のにんにく入れたらおいしゅうございました。

そして風邪をひいた先日。

残り物もあるし、冷凍庫にお浸しがわんさかあるし
帰ったらなにか作るよ、と言ってくれたのはありがたいけど

震えるほど熱があるのに、お浸しとか肉野菜炒めはすまん、喰えん.....

うまそうに見えないのでコラにしました。
d0133693_22385958.jpg

左上から、熱がちょっと下がって、食べたいものは
なぜか栗の入ったシチュー。

玉ねぎのざんぎりとかにんじんのぶったぎりとかたまたまあったカリフラワーとか、牛乳常備してないから
粉のコーヒーミルクとか煮込んだ中にショートパスタ。

隣は翌日、ふやかした小豆とまたしてもショートパスタを足した状態。

市販の薬飲め!
ブツブツ出るからイヤ!
の攻防戦の末、うがいをしまくり、湿度を保ったらあとはビタミンCでしょ?
と言い放って買って来てもらったグレープフルーツ。

あとはひたすら寝て、風邪はここまで。

順番おかしいけど、右下は怪しいシチューの下に
茄子を敷いて、トマト乗っけて、ピメント、チーズで半端なグラタン。

熱のある時に食べたいものは冬野菜
下ったら夏野菜ってことかな。

d0133693_22461925.jpg

ルリ男屋横の畑のOさんから戴きました。

葉玉ねぎ用の玉ねぎ、インカの目覚め、にんじんちゃんは無人販売で。

d0133693_22473931.jpg

教えて戴いた通り、多目のお塩で茹でるだけ。

最高にうまい。

d0133693_22482856.jpg

お野菜も個性があるとかわいいよね~

d0133693_22495130.jpg

玉ねぎはちょこっとさらして、にんじんちゃんとグレープフルーツとマリネード。

d0133693_22513063.jpg

これを待っていました。

浜松から、頑固とか意地っ張りとか言われながら
おとうさんが有機で作っている玉ねぎ
&三方原じゃがいも。

そして徳島のおかあさんのお友達からもらう
おいしいそうめんや新茶も。

d0133693_2256306.jpg

久しぶりのおいしいそうめん、早速戴きます。

そうめんも茹でてから炒めるって周知なのかな?

暑い時は水に浮かべるけど、めんつゆもまだ熱いし
香りづけにごま油で。

紫玉ねぎも混ぜてみました。

オリーブオイルでもおいしいよね~


それでどうしてちゅんのお義母さんなの?
って思うでしょ?

そうなんです!

ちゃんとお昼ご飯食べたら元気が出て
今日は300mmを持って畦道に行ってみよう!

と出かけて撮ったのが↓
d0133693_22285126.jpg

何枚か撮っていると、お宅からおかあさんが出て来ました。

ご挨拶をして、色々お話をしました。

毎年巣を作るから、ふさぎたくてもふさげないのよ~

やさしいな~

短い時間だけれど、楽しくお話させて戴いて

「野菜持ってく?」
「えぇ、あ?はい?」

通りすがりだし初対面だし.....
申し訳ないと遠慮しましたが

d0133693_7471155.jpg

じゃがいも~~~!!!

いま我が家、毎日食べても数か月分のじゃがいもがあります。
そして三種類。

びっくりしたけど、うれしいので

d0133693_7492452.jpg

撮り比べ。

左上から時計回りに、三方原じゃがいも、Aじゃがいも(品種がわからんから地名)、インカの目覚め

こんな贅沢、滅多にないので

d0133693_7512511.jpg

三種ふかしました。

断面左からインカの目覚め、黄色っぽくて、非常になめらかです。
三方原じゃがいも、色はちゅうくらい、ほっくほくです。
Aじゃがいも、真っ白で、甘い~~~

d0133693_81332.jpg

Oさんの玉ねぎは丸ごとスープに。
水とお酒、お塩でコトコト、あとは出汁をちょこっとだけで
あまぁぁぁい!

にんじん、たまねぎはレモンと出汁がらのかつぶし、オリーブオイル和え。

あとは残り物で相当な量になったのですが、調子に乗って作りすぎました.....

じゃがいもおやき↓
d0133693_874411.jpg


Oさん、おかあさん、お義母さん、ありがとうございます~!
by ekoekolove | 2011-06-14 23:59 | 日記

筍三昧

d0133693_21251474.jpg

チャレンジ料理のお時間がやって参りました。

今回の食材は、竹冠に旬!
今が旬の筍でございます←Rくん発案。

贅沢だよね(;´д`)

まるっと戴かなくちゃ!

d0133693_21295895.jpg

筍掘りから一週間後。
灰汁を抜いた時の糠の煮汁に漬けたまま
野菜室で保存できましたよー

散々喰い尽くした後も
瓶詰がこれだけできました!

若干気泡入ったけど、蓋凹んだからおk!

お水が濁ったら急いで食べましょう、とは後日ググって出て来た。
大切に戴きます<(_ _)>

d0133693_21335439.jpg

最初に作ってみたのはコレ。

お漬物風にならないかと、酢醤油で煮てみました。



………微妙。

まずくはないけど、お通しな感じ。

お味噌に漬け込めば良かったかも←メモ

d0133693_21352794.jpg

後日、ネギの青い所と一緒にごま油炒め。

更に粉焼きにしようと思ったけど、力尽き、

d0133693_2138331.jpg

インスタントトムヤムラーメンに載せてみました!

筍ちゃんエスニックに合いすぎです。

トムヤムラーメンはMに連れて行ってもらったY屋さんで
5個198円!

d0133693_21402893.jpg

はいこちらY屋さんで買い出しして来たラインナップ。

豆水煮&トマト缶、写ってないけどパスタオール78円!
くわい缶も同じくらい!!
Rくんおすすめチューブ入りアンチョビと貧血の時に便利そうな鶏レバーテリーヌも激安でした!!!

これらしばらく登場しますのでお見知りおきを。

d0133693_2145223.jpg

出汁をがっつりとって、筍だけの煮物。

我が家にしては濃い目の味付けにしましたが
冷凍してみたらやっぱりどうも...

風味はそのままだったけど、食感が落ちます。
筍は冷凍するなら炒め物とか、油染み込ませた方がいいかも。

d0133693_21475554.jpg

早くいっぱいやりたくて、ともかく山葵マヨで和えた穂先。

香りは違うだろうけど、市販の水煮でもイケると思われ。

d0133693_21502582.jpg

ショートパスタと筍を一緒に煮て
お鍋が熱いうちに、冷凍してあった小松菜のお浸しを載せてみました。

味付けは塩と粗挽きこしょう。
お浸しはお醤油だけ。
ペースト状のものは去年作ったかぐら南蛮の塩漬け。

d0133693_215407.jpg

クックパッドの人気メニューをアレンジ、てか、あるもので。

元レシピは、筍を焼肉のたれで味付けして、チーズ載せてオーブン
だったかな?

玉ねぎスライス(皮入ってる所が俺流)と
焼肉のたれの代わりに
あたしがいない間にまーさんが作った肉野菜炒め(内訳は不詳)を一緒に炒めて
チーズを投入して更に炒めた感じ。

ピメントは思いついて輪切りにして載せただけ。

d0133693_21595785.jpg

穂先のトースター焼き。

お醤油をかけて戴きました。

d0133693_220365.jpg

豆水煮缶、トマト缶、豚挽き、玉ねぎ、ニンニク塩コショウのポークビーンズに
筍とショートパスタをイン。

緑のはやっぱりかぐら南蛮ペースト。
本当はチリビーンズにしたいんだけど
まーさん辛い物食べると滝汗なので個人でオン。

d0133693_2234497.jpg

盛り付け生活感溢れててスマソ。

翌日は筍を更に足してカレーに。

カレールー、買ったことないんですが
カレー粉だけだと足りない気がして
安いレトルトをひと袋入れてみました。

普通においしかったけどね?
なくても良かっry

d0133693_2272848.jpg

揚げたてを出せる週末に、やっとこさ天ぷら。

盛り付けぐちゃぐちゃですがー。

d0133693_2283442.jpg

見てもわからないだろうけど
筍、舞茸、ネギの青い所(葱坊主なかつた)、半額だったタラの芽、50円引きのふきのとう、地野菜のお花。

安かろうがなんだろうが、旬の植物は香り高い。

見切り品がオススメよ奥さん!

d0133693_22132190.jpg

天ぷらと筍ご飯は、冷凍した煮物を使ってみました。

火を通せば食感も元に戻るので
まだまだ大切に戴きます。

感想が特に書いてないものは
どれもんまかった自画自賛。

筍三昧、堪能しました<(_ _)>

d0133693_2221775.jpg

なまえはまだない...
by ekoekolove | 2011-04-25 22:28 | season

雪のバレンタイン

d0133693_2203224.jpg

バレンタインの今日、皆さんへ。

d0133693_2211574.jpg

雪をかぶる野山の苺。

d0133693_2225556.jpg

いつ咲いていつ実ったのか
もう食べ頃の苺たち。

d0133693_2233718.jpg

ソルベにしてお届け。

d0133693_2241928.jpg

冷たい物が苦手な方には
抹茶をまぶしたような大きな苔玉。

d0133693_2251661.jpg

お花も添えてみました。

d0133693_226681.jpg

ビタミンいっぱいの、ミモザのつぼみはいかがですか?

d0133693_2265993.jpg

お花が咲くまでもう少し。
元気いっぱいのつぼみたち。

d0133693_2291986.jpg

ぬくぬくしたいあなたには

d0133693_2292190.jpg

ふかふかの綿毛をプレゼント。

d0133693_22114776.jpg

ほんのり色づいて

d0133693_22125494.jpg

光をいっぱい、溜め込みます。

d0133693_22131534.jpg

春はまた来ると信じて

d0133693_22142540.jpg

雪のもたらす水分を、待っていた種。

d0133693_22163092.jpg

こんな写真を見ながら、少し喉が痛くなったあたし。

外のお天気も確かめずに、野生の勘か気まぐれか
夜はのんびりしたいと、早々に夕餉の支度を始め
バレンタインの些末なワンプレート。

d0133693_2220494.jpg

ずいぶん前から食材を足しながら、煮込み続けているスープをグラタンに
あとはまーさんの好きな物。

大好きなものNo.1、ネバネバ系長芋の浅漬け
市販の昆布巻きと煮た大根
お握りにはちょろぎを埋め込んでみました。

d0133693_22333165.jpg

些末どころか稚拙なチョコですが
まーさんは喜んで食べてくれました。

元のすてきなレシピは、いつもお世話になっているmeiさん。



6枚切りのパンをフリーハンドで切り
あり合わせのブルーベリージャムを使った辺りが
手作り感満載の要因かと。

甘い物が好きなのはまーさんだけですが、このラスクはハマりそう。
オイル系なしでもスナックが作れます。

d0133693_2240761.jpg

21時半、ベランダからの風景。
道理で喉が痛いと思った。

うちの車も埋まりそうです。
皆さんどうぞ、お足もとにはご注意ください。

d0133693_22422081.jpg

明日は雪で休みかな、と言っているひよの仲良しがひとり...
by ekoekolove | 2011-02-14 18:33 | 日記

おパリ詰め合わせと雲平

d0133693_1754227.jpg

そっとお持ちください、と言って持たせて戴いた柳は
ハハコグサとコップに入れて繪子にお土産。

楽しい物をたくさん連れて帰って来ました。

d0133693_1784350.jpg

師匠のおパリ詰め合わせ。

カレンダー、2月は林檎でした。
瓶もかわいいイチゴジャムとエシレのバターは
おいしいパンがある時に戴きます。

d0133693_1711964.jpg

凝ったデザインの箱には.....

d0133693_17123066.jpg

かわいいお砂糖!

これはもう永久保存コレクション殿堂入りです!
標本箱に入れたらかわいいだろうなー
どっかに落ちてないかな...

師匠、あざーす(`・ω・´)シャキーン

d0133693_17193997.jpg

chaeさんがこの季節のもの、調べてみて
と渡して下さったお菓子。

d0133693_17215282.jpg

雲平(うんぺい)と云うそうです。

原材料は米焼味甚粉、上白糖、着色料。

やしょうまに非常に似ている.....
と思いながら調べると、作り方は同じだそう。

やしょうまの作り方1

雲平の作り方1


米焼味甚粉と云うのは焼いた餅米を粉に挽いたものだそうです。
この「味の花束」は、立春の頃から3月くらいまで売られるお菓子だとか。

模様は
d0133693_17471229.jpg



d0133693_17474012.jpg

あやめ

d0133693_1748838.jpg

朝顔

d0133693_17483798.jpg

コスモス

の4種類。

由来は判りませんでしたが、まだ寒い2月の諏訪。
春、夏、秋のお花をお菓子に練り込んで、来たる季節の恵みを待つ、
そんな風習のように思えます。

d0133693_17544792.jpg

この子ははしっこかな?
風に吹かれて舞い込んだ、花びらのようです。

おパリと信州からやって来た子たち。
嬉しいお土産の話でした。

d0133693_17583033.jpg

by ekoekolove | 2011-02-07 18:00 | 収集癖

即菜仏

d0133693_19401056.jpg

ロゼット状に伸びた春菊。
ロゼットの語源はrose。
薔薇の花のように地面を覆い、伸ばした葉の状態のことを言うらしい。

浜松から黒猫ちゃんが運んでくれた子。
雪が降った時、この子たちは地面を守ろうとしたのかも知れない。
そんな風に思ってみると、けなげで愛らしい。

飾っておきたかったけれど、腹も減る。
内側の柔らかい葉だけ水に活けて、残りは湯掻いて冷凍。

茎はきんぴらにしようと思って水分を飛ばすと、甘くて
濃い味付けはもったいない気がした。
ストックしてある出汁がらのふりかけを少しかけて、一品。

d0133693_19493749.jpg

ルリ男屋横の畑のおじさんが「持ってってー」
と持たせてくれた辛味大根。

とりあえず帰宅してすぐの15分後、ただ切って食べてみた。

甘くておいしい。
ぼりぼり行ってしまった。

d0133693_19513185.jpg

おススメは浅漬けかサラダ、とのことで
桜えび少しとお醤油でひと晩寝かせたこの子たち。

「今年は葉っぱがダメなんだよねー
葉っぱは食べられないよ」
そう言っていたので食べなかったけど
水に活けた頭から、今も新しい葉を伸ばしてる。

d0133693_19551244.jpg

浜松でも不作らしいけれど、たくさん送ってもらった。
今年は野菜が高い、と言いながら、実は買い物に行っても
野菜のコーナーは見ていない。

ありがたいことにこうして戴けるから
この数週間買ったのは、長ねぎと玉ねぎだけ。

こうなったら、とことん残さず戴きます。

d0133693_1958285.jpg

カリフラワーってこんなにかわいいんだね。
レンズ付け替えるのが面倒だったけど
マクロで撮っておけば良かったなー

米粉をまぶして揚げて、腐乳とナンプラーをつけて食べると絶品ですが
今回は即席ピクルス。

お酢を少しかけてレンジで3~5分。
スパイスはなし。
この程度で冷蔵庫に入れておけば、なんにでもリフォームできる。

でも結局、薄味にしとくと飽きないんだよね。

d0133693_2041022.jpg

ブロッコリーはつぼみより、茎に栄養があるそうで。
固い茎の皮を剥くのはたいへんなので
つぼみを小分けに切ったあと、枝ごと皮を切り落とします。

ブレボケで見にくいけど、左端が茎の芯。
これはつぼみと一緒に湯掻いて、小分けにして
すぐに食べない分は冷凍。

切り落とした皮は筋が多いから
繊維に添って切って、きんぴらやソテーがいいかも。

今回は急にカレーが食べたくなったので、カリフラワーのつぼみ以外と一緒に
野菜カレー。

元のレシピは、ほうれんそうのしっぽと茄子のヘタをフードプロセッサーでみじんにして、炒める。
バターと小麦粉と牛乳のソースと和えてカレー粉投入で出来上がり。
コンソメも入ってたかな?

もっと簡単なのは、野菜をフードプロセッサーなどでみじん切りにしてそのまま炒めて
水分が出て来たら小麦粉を入れて混ぜ混ぜ
数分でねっとりするので、そこに水分を入れて
あとはカレー粉その他を入れるだけ。

ブロッコリーカレーには、3日間お酒とお醤油
にんにくと生姜と一緒に、火を入れ続けていた鶏胸肉を入れました。

それだけだと若干苦みがする気がしたので、申し訳程度にスキムミルク追加。
こんなけ。

油のいらないフライパンだったから入れなかったけど
バターとかオリーブオイルとかなんでもありです。

これはまずそうだ、と思うものさえ入れなければ
好みもカロリーも材料費も加減できますよ。

d0133693_20561681.jpg

この日の出来上がりイメージ。

奥の小どんぶりは、大根と食べ残しのまぐろのお刺身を煮たもの。
大根の皮は厚く剥けば、灰汁抜きもいらないらしい。

d0133693_20582940.jpg

大根の皮は干してもいいし、これは翌日きんぴらにしたもの。

葉っぱを落としたら茎の根元もかわいくて
泥だけ落として一緒に炒めました。

d0133693_2105712.jpg

白菜は中にも虫がいるかも知れない、と云うことで
新聞紙に包んで、ベランダに立てかけてあります。

一番日持ちする方法は、新聞紙に包んで更に濡れたタオルで包んで
発泡スチロールの箱に立てておくそうです。
トマトとか芋類以外は、これが一番もつらしい。

まーさんがえらく疲れていた日、虫食い白菜でソーセージとレバーペーストの煮込みを作りました。
d0133693_2144897.jpg

掲載に耐えられる写真はこれだけですが~

チンして茎に切込みを入れた白菜で、ソーセージとレバーペーストをくるくる巻いて
絶対はがれると思ったので小麦粉も巻き込んだりして
バターで表面を焼いてから、飲み残しの赤ワインと玉ねぎをプラス。
こしょうを挽いてとろっとするまで煮込んだら出来上がり。

切ったら案の定崩れたので写真はありません~~~
1個ずつ包めばいいんだけど、時間がなくて豪快に行きました。
にんにくも入れなかったし、全然手は込んでないけど意外とビストロ風。

d0133693_2110917.jpg

クレープが食べたい、と思いつつ
キャベツの硬い葉で作ったスープとご飯だけにしようと思った日

炊飯器を開けたらご飯がなかった.....

これは運命だと思い、じゃがいもをスライサーでおろしながら
フライパンの底に敷き詰め、その上に溶いたホットーケーキミックスを流して
刻んだソーセージを乗っけて、裏が焼けたら半分に折って中まで焼いたもの。

ちょっとだけドイツ料理っぽい、と思ったこの翌日
d0133693_21332348.jpg

ザワークラウト仕込んどきました。
茎みたいな所も千切りにして、瓶に入らなかった分は
ザクザク切った柚子と和えてサラダに。

さて、駆け足で冬野菜の供物料理をお送りして来ました。
今日は節分なので

すが

豆もイワシもありませ~~~ん!

母が近所で割りとおいしい、と云う餃子をお土産に尋ねて来たので
メインは餃子。

d0133693_22415683.jpg

スライスした大根と浜松のお庭産レモンの薄切り和え。

餃子は皮「が」おいしいとのことだったので
ごま油で焼いている最中、そうだ、にんにくもあったんだ!
と思いだし、潰して刻んで投入。

レモンを絞った中に入れて漬けダレに。

引っ越して以来初めての、チューブでもドライでもないにんにく!!

んまかった.....

椀物は大根を出汁と塩で煮ただけ。

おいしい物を食べたい欲求も最近ないけど
手を掛けなくてもおのずとおいしい。
土と虫とおとうさんとおかあさんに感謝。
d0133693_22545591.jpg

当分買い物しねぇ
by ekoekolove | 2011-02-03 20:03 | season

川原鶸子

カワラヒワと言えばおっさん臭い
そんな先入観に囚われて
カワラヒワをかわいく撮りたいと思ったことがなかったあたし。

ところが、カワラヒワも女の子はかわいいのよ~
と教えて戴いて以来、女の子を探していました。

d0133693_14173421.jpg

知ってみれば、雌雄でこんなに色が違います。

d0133693_1417315.jpg

いつも河原で会う子たち。
いくつかの群れがいますが
高い木の上か草むらの中。

女の子のお顔が見てみたいなー

d0133693_1417367.jpg

これは男の子。
おっさん臭くは撮れませんでしたがどこか残念。

d0133693_14173931.jpg

いました!鶸子ちゃん!
残念な写真なのにかわいいです♪

d0133693_14174220.jpg

鶸男はやっぱり残念。

d0133693_14174491.jpg

お口くわんくわんの鶸子ちゃん。
なに食べたのかなー?

d0133693_14174795.jpg

鶸男、カメムシでも喰ったんか。

d0133693_14175092.jpg

お空を見上げる鶸子ちゃん♪

d0133693_1417521.jpg

虚ろな鶸男。

d0133693_14175484.jpg

ちょっと凛々しい鶸子ちゃん♪

d0133693_1417571.jpg

鶸男もぅ怖いから.....

d0133693_14175990.jpg

目が合っちゃいました♪

d0133693_1418269.jpg

そんな目で見るなよ............

d0133693_1418478.jpg

面白さでは鶸男の勝ちだが。

ネギ&チーズ in あぶらげ
by ekoekolove | 2011-01-26 23:59 | イロイロナモノ

七草

d0133693_22273092.jpg

7時の位置から、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ
かな???
ナズナとホトケノザ(=コオニタビラコ)の区別がつきません。

d0133693_22273479.jpg

ゴギョウことハハコグサはつぼみ付き。
かわいいので特別扱いです。
葉っぱを数枚、お粥用に取って、つぼみはお料理の飾りに使おうと
窓辺に活けておきました。

七草にお粥を食べる習慣は、一説にはお正月に疲れた胃を休める為
とも言われているようですが、
d0133693_22273828.jpg

まさかの玄米粥。
いつもより長めに炊いております。

そして秘蔵の紅大根ちゃんの酢漬けも添えてみました。

ここで七草うんちく。
この七草たち、昨日スーパーのチラシに載っていたので
昨日買って来たのですが、なぜ昨日の6日に特売なのか。

ちょろっと気になって調べると・・・・・

うぃきより
前日の夜にまな板に乗せて囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。囃し歌は鳥追い歌に由来するものであり、これは七種がゆの行事と、豊作を祈る行事が結び付いたものと考えられている。歌の歌詞は「七草なずな 唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、合わせて、バタクサバタクサ」など地方により多少の違いがある。

歌えってか?
包丁で叩きながら台所で夜歌えって?

シラフじゃできないよなー、てか通報されるよなー
と思いましたが、酒飲んでもできませんでしたwwwww

パリアッチでも歌えってか。

やらなかったせいか、今年も灰汁抜き不十分。
かなり長く茹でないといけないんだなー

そして今日七日は、年末からの食材処分最後の日なのです。
理由は明日から旅行に行くから。
それだけなんですが。
まだもつと思われるお節が若干残っておりまして
それらをリフォームして食べ切ることに。

d0133693_22274231.jpg

なますマヨ和え、田作りはそのまま、黄色いのはあんまりにもしょぼいので急いで焼いた卵焼きですが
注目して戴きたいのが黒豆のリフォーム!

d0133693_22275011.jpg

黒豆自体は、クックパッドで人気メニューになっていたのでやってみましたクリームチーズ和え。
温めて柔らかくしたクリームチーズを和えるだけですが
レシピにあった通り、ナッツ系を混ぜるとすっごくおいしいと思う。

残念ながら我が家にはごますらもなく、クリームチーズはクリスマスの残りです(ヲイ

右の黒いものは、ふと思いついてやってみた黒豆汁米粉焼き。
持て余していた上新粉、ふと原料を見ればうるち米。

エスニック料理でよく使う粉だし、フライパンでも焼けるんじゃまいか?
と思って一枚試作してみたら
めっさうまかった!!!

黒豆の煮汁で溶いて、フライパンに流して焼くだけです。
火はちょっと強め。
でないともちもちしすぎちゃう。

まるで黒糖パンだーと思いながら焼いている内にふとよぎった年末のできごと。

黒豆を煮ようと思ってお砂糖の買い置きを探すと、黒糖しかなかった。
つまり、黒糖パンの味がして当然なワケです。。。。。

買って来た黒豆よりおいしいと思ったのは黒糖のお蔭ですね。
次回もそうしませう。

d0133693_22275325.jpg

自分で乗っけて食べる感じにしましたが
はさんじゃってもいいかも。

上新粉もうひと袋あるので、またフライパン焼きにしよー♪

d0133693_22275787.jpg

そして忘れ去られたハハコグサ.....
by ekoekolove | 2011-01-07 23:05 | 日記

メジロちゃんに引かれてキセ子川下流に

d0133693_22342949.jpg

目覚めの一枚がメジロちゃん。

なんて縁起がいいんだろう。
咳もようやく止まったし、先週まーさんが見つけたと云う
キセ子川から某川への合流地点ルートへgo!

d0133693_22343266.jpg

富士山もくっきり。
東京某所ではT高校同窓生御一行様が集結していると云うのに
雲ひとつないとはどう云うワケだ?

d0133693_22343474.jpg

ケタ男がメジロちゃんを威嚇してた!!!
メジロちゃんには手を出すなーーーヽ(`Д´)ノプンプン

d0133693_22343622.jpg

途中、すてきなおうちを見つけました。
一瞬作家さんの住居かと思いましたが
どうも近隣のお宅の使っていないたてもののよう。

上物と本と雑貨つきで売ってくれまいか?

d0133693_22343823.jpg

今日のベストショットになるかも?
と思った一枚。

d0133693_22344948.jpg

キセ子川下流。
合流地点はもっと先らしい。

この辺りにも色んな子がいました。

ここまで来てちょこっと撮って2時間。
さくさく歩けば10分くらいかな?

病み上がりなので1000枚撮った辺りで引き揚げました。

d0133693_2234523.jpg

撮り損ねた~と思ったモミジアオイ、ではなかったなにか。
なんだか判らない背のたかーいお花。

d0133693_22345438.jpg

嬉しいお知らせです。
すてきなお店見つけました。

お値段もお手頃。
詳しくは、、、、ご一緒しましょう。

d0133693_22345753.jpg

ご飯を戴きながらひよを撮ったら
網戸でソフト加工www

d0133693_22345994.jpg

残念なオナガン。

帰り道で撮りました。
ノートリでこの距離でしたが、縦に構えるヒマがなくしっぽーが切れちゃた( ノ゚Д゚)ヨッ!

d0133693_22351054.jpg

昼下がりのマンソンの廊下から。

d0133693_22351236.jpg

お昼がこってりだったので、玄米が食べたくて食べたくて。

水加減を最初は1.5倍、びっくり水は2.5倍だと柔らかめ。
炊き時間も5分長くして、5分蒸らした後かき混ぜて蓋をすると水分も落ち着くみたい。←メモ

d0133693_22351585.jpg

久しぶりにのんびり、亀山薫最後の事件とミッチー登場のseason7最終話をようやく観ました。

楽しかった。
メジロちゃん、ありがとう。
d0133693_22351793.jpg

賽銭泥かとオモタ
by ekoekolove | 2010-12-04 22:39 | 日記