歌花史庵 かかしあん

<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ルリ男屋(蕪)月報

昨年末の暖かさから一変した極寒のルリ男屋に今月、ようやく冬の顔ぶれが揃った。こんなに暖かくてはルリ男会長は避暑から帰って来ないのではないかと囁かれていた先月末、ルリ男屋鳥報部員Mから「会長が降りて来た、真っ青な顔をしていた」との情報がもたらされた。


d0133693_11135410.jpg[顔どころか、臀部まで真っ青なルリ男会長]成人男子である会長に蒙古斑はない。臀部まで真っ青になるほどの事態がルリ男屋に起きていることは間違いない。


d0133693_1162879.jpg最初に我々の前に姿を現したのはジョビ子。気が強くやり手で知られる彼女は今季、来訪者に喰ってかかり、会長の執務スペースをも凌駕し始めた。これはジョビ子によるルリ男屋乗っ取りかと噂され始めた頃、新たな目撃情報によりルリ男屋内部の骨肉の争いが露呈した。


キーパーソン、瑠璃子の登場で更なる混乱を見せるルリ男屋
d0133693_11522830.jpg[登場する瑠璃子]


d0133693_117453.jpg[会長とジョビ子の間に割って入る瑠璃子]瑠璃子が会長の妻であることは確認されていないが、自分の存在を主張しジョビ子と争い、うっかり居合わせたルリ男会長は真っ先に逃げ出す、と云う混乱状態がしばしば目撃されている。


d0133693_1172640.jpg[おやつを自慢するジョビ男]今季のルリ男屋には他に2人のジョビ子が派遣されているが、ジョビ男は敷地の外で虚勢を張っているだけ。敷地の管理者でさえ「え?オスのジョウビタキいるんスか?自分まだ見てないっス」と言うほどの存在感のなさだ。


d0133693_1174866.jpg[満車の案内をするジョビ男]ジョビ男が中に入れないほどの密集度で、広いルリ男屋の敷地の一角だけにルリ男会長と瑠璃子、ジョビ子の三人がひしめき合うのはなぜか。その答えは会長が姿を現して間もなく明らかになった。


d0133693_11185648.jpg[もうひとりのルリ男]高いパーテーションで区切られたもうひとつの大部屋の奥に、やはり臀部まで青いもうひとりのルリ男が姿を現した。


d0133693_1121447.jpg[カメラマンの指示でポーズをとるもうひとりのルリ男]姿を捉えたいカメラマンがご馳走を持ち寄り接待を繰り返した結果、気さくにポーズまで取るようになった彼は、一時会長より人気があったようだ。


d0133693_11421469.jpgd0133693_11423221.jpgd0133693_11424435.jpg[左からルリ男会長、瑠璃子、ジョビ子]同族の瑠璃子と乗っ取りを計るジョビ子、壁の向こうでルリ男屋の顔になりつつあるもうひとりのルリ男、彼らの存在が会長を悩ませ、あれほど青くなってしまったのだろうか。

d0133693_11463798.jpg[やんちゃなルリ男ちゃん]ルリ男屋深層部には、まだそれほど青くないルリ男ちゃんも控えている。


d0133693_1148111.jpg[チャラいルリ男]更にその奥には鏡で自分を見つめる若いルリ男も。冬のルリ男屋、まだまだ目が離せない。

ねずみに耳を齧られた説もあり。
by ekoekolove | 2012-02-29 10:15 | 繪子譚日日新聞

週末

d0133693_21405157.jpg

諏訪に行っておりました。

d0133693_21413199.jpg

これは1月の景色。

d0133693_21421367.jpg

今回の景色。

d0133693_21441772.jpg

1月、駐車して1時間後、車から氷柱。

d0133693_2145071.jpg

雪と消火栓。

d0133693_21452219.jpg

なにかの爪痕。

d0133693_21454398.jpg

だれかのおやつ。

d0133693_21461797.jpg

車道まで覆う雪は、今回はもうなく、白樺の林が両脇に白く白く広がっていました。

d0133693_21474658.jpg

ヤドリギを食べる子が、今年はいません。

d0133693_2148217.jpg

遠くで猛禽が鳴き、小鳥の気配が消えました。

d0133693_215094.jpg

雪が溶けると、むき出しになります。

d0133693_21515456.jpg

まだ降り積もる山の上。

d0133693_2152327.jpg

ヌガーのような山肌。

d0133693_2153152.jpg

三寒四温の一片でした。

d0133693_21543838.jpg

また喰いすぎたし。
by ekoekolove | 2012-02-27 21:58 | 繪子のお散歩

だってケだもの

d0133693_22175645.jpg

今年に入ってから、ケダモノ遭遇率が高いのです。

これはうさたんのあしあと。(たぶん

d0133693_22191325.jpg

埋まっちゃった灰皿と、軽やかなうさたんのあしあと。

d0133693_2220981.jpg

てってけてー♪

d0133693_22202874.jpg

肉球がかわいい。

d0133693_22204888.jpg

右側のでかいのはたぶん人間です。
うさたんは左側、一番奥と真ん中。

手前のちいさいのはなんだろう?

あんよがちいさそうな子は

d0133693_2223789.jpg

イタチ・・・か、テンか・・・・・

区別がつきません。

d0133693_22234278.jpg

じぃーっとこちらを見て、興味津々・・・・・・・・・・・

d0133693_2224132.jpg

なのかと真剣に思いましたが

d0133693_22243826.jpg

出るに出られなかったのね。
ごめんごめん。

d0133693_2225375.jpg

すたこらさっさー♪

きみはイタチなの?テンなの?

これまで、イタチだかテンだか判らない子には3回遭遇しましたが
いちばん遭遇率が高いのが

d0133693_22263837.jpg

シカちゃん。
ぐうぜん会ったのは4回、修学旅行の奈良を入れると5回。(鹿鍋のお店で会った部位を入れると6回。

d0133693_22291631.jpg

お子ちゃまは好奇心旺盛、でもいつでも大人に隠れられる位置にいます。

d0133693_2231923.jpg

一度に撮れたのは3頭。
けっこうな群れでした。

d0133693_22314961.jpg

こちらはいつも行くところの子。

去年は、おかーさん鹿に鋭い声で吠えられました。
車道の近く。
横切らないでほしいとも思うし
車はスピード出さないでほしいとも思うし
遊びに行きながら、これ以上、山を切り開かないでほしいと
勝手なことを思うのでした。

d0133693_22334913.jpg

この子たちは-10℃でも生きられる。
全身に毛が生えるのはやっぱり嫌だけど、せいぜい着込んで
こんな子たちが生きる邪魔をしないようにしよう
とも、思うのでした。

d0133693_22385714.jpg

くまさん降りて来ちゃったらシャレになんないしね.....
by ekoekolove | 2012-02-21 22:43 | イロイロナモノ

カヤツリグサ

早朝の野原のご馳走。

d0133693_20275061.jpg

d0133693_20275630.jpg

d0133693_2028214.jpg

d0133693_2028865.jpg

d0133693_20281418.jpg

d0133693_20282141.jpg

d0133693_20282763.jpg

d0133693_20283351.jpg

d0133693_20283851.jpg

d0133693_20284354.jpg

d0133693_20284934.jpg

d0133693_20285578.jpg

d0133693_2029132.jpg


まぶしくて、ピント合ってないけど、まぁいいか。
by ekoekolove | 2012-02-20 20:40 | イロイロナモノ

気刊 メジロファン 第十六号

d0133693_22395865.jpg


d0133693_22402455.jpg

命の気配のない色の中

d0133693_2241413.jpg

もう春よ、と若草の小鳥

d0133693_2242237.jpg

それは枯れた実だとそっぽを向くと

d0133693_22432040.jpg

いいえと小さく言って羽ばたく

d0133693_22441610.jpg

これは枯れた実なんかじゃないの

d0133693_22445435.jpg

わたしがつまんで土に落とせば

d0133693_22452540.jpg

やがて芽が出る木の赤ちゃんなの

d0133693_22462128.jpg

かさかさの葉っぱは土のおふとん

d0133693_22465558.jpg

幹の中にはおいしい蜜

d0133693_22493476.jpg

わたしを見つけたら探してみてね

d0133693_22501965.jpg

わたしの羽やくちばしの先に

d0133693_22511825.jpg

静かに宿る春の命を

d0133693_2252788.jpg

若草色のちいさな鳥は

d0133693_22534853.jpg

ちいさな春のちいさな目印

d0133693_22564577.jpg


トントン井の頭特派員のメジロちゃんはこちらからどうぞ

久我山散人湾岸支局長のメジロちゃんレポ大連載









10
11
12
13
14
15

d0133693_123799.jpg

by ekoekolove | 2012-02-18 16:26 | 繪子譚日日新聞

ハート・フル

ヴァレンタインにちなんで、ハートなヒトたちを集めてみました。

d0133693_2283414.jpg

草食。

d0133693_2291617.jpg

肉食同士。

d0133693_221063.jpg

肉食ペア。

d0133693_22102341.jpg

勢いあまったらしい。

d0133693_22104368.jpg

ハートじゃないけど肉食4ペア。

さて、今日いらした方は、ヴァレンタインだからとか言ってまた変なごはん作ってんじゃないか
とご期待ですね?

ここまでハートひっぱったら、ハート尽くしだろうと思いましたね?

わかってないなー。ふふん

今日のごはんは!

d0133693_22143657.jpg

咲き初めのお花畑!

ってこじつけてみました...
仕上げる前に体調が不良になり、ちょっとさびしくなっちゃったので。。。

d0133693_22195665.jpg

切ってみるまでわからない、金太郎ハム~

ミットゥンさんの鶏ハムの行程から
下味と日数を減らして、にんじんを芯に小さめに巻いて
ちょっと加熱しながらやってみました。

漬け込みなし、一日でできたけど
味はしみてないからハムじゃないねー
ソース作るまでは体力もたず、マスタードつけて戴きました。

d0133693_22292232.jpg

もういっちょミットゥンさんのおいしそうなレシピの・・・・・・・・

変化球でファウル。。。
そんなんばっかですんませんホント。号泣

昨日ちょっとあったかいと思って牛乳で仕込んだあたしが浅はかでした。。。。。

なにがしたかったのかはリンク先を見てね。
まったく別物です!シクシク
もうちょっとあったかくなったら、時間をかけて、窓辺でできるはず。

ベーキングパウダーも足してなんとか食べられる状態になりました、が
この薄さだと卵でつないだ方がお味は良かっただろうな。

d0133693_22371219.jpg

鳥を蒸した煮汁でオニオンベジグラタンスープ。

オーソドックスに作ろうと思ったけど、白菜たくさん、ついつい入れたら
おいしかった♪

鳥の野菜巻きは作り置き用、スープは漬け汁の活用だったので
これじゃ普段のごはんと変らない、じゃん。

肝心なところ(↑の粉物)をしくじったので、肝心のチョコレートのデザートは無理矢理仕上げ
d0133693_22525284.jpg

手作り感満載・・・・・

お味はどうでしたか?
といま再度鬱陶しく訊いたところ
「あんまり甘くなくておいしかったよ」
だそうです・・・・・・・・・・・・・・・

確かに、ジャムとか色々盛ったけど
市販のイチゴジャム一切れ以外、お砂糖ほとんど入ってないもんなぁ。
Mさんが食べる時にははちみつも足すので
これにもかけたけど、デザートと称するには足りなかったらしい。

まぁ失敗は成功の元ってことで、反省点も正直に書いたので
わすれて寝ます。(いみねー

おやすみ~

d0133693_22113022.jpg

5組で・・・・・・・・・
by ekoekolove | 2012-02-14 23:11 | 日記

冬の洋菓子屋さん

冬の洋菓子屋へようこそ。

冬ならではの素材を使ったお菓子をたくさんご用意しております。
ティータイムのお供から贈り物まで
ごゆっくりお探し下さい。

d0133693_21403513.jpg

ドライ紫陽花のドラジェでございます。
冬のご婚礼の引菓子にも、初夏の名残りをご堪能いただけます。

d0133693_21434873.jpg

ウェディングケーキでしたら、きのこのクロカンブッシュはいかがでしょうか。

d0133693_21442671.jpg

バレンタインのプレゼントに最適、苔のトリュフは大人の風味でございます。

d0133693_21454064.jpg

フユイチゴのフラッペはイートイン限定。

d0133693_21462116.jpg

ジャノヒゲフレーバーは男性にもご好評を戴いております。

d0133693_21472016.jpg

お口直しにモミジのリーフパイはいかがでしょうか。

d0133693_21483274.jpg

お子様には屋台でおなじみの、ヤブコウジのタフィーをどうぞ。

d0133693_21492810.jpg

工房を覗いて戴ければ、飴細工を作る様子がごらんになれます。

d0133693_21504270.jpg

当店きってのパティシエ、カメバヒキオコシの作品でございます。

d0133693_21522528.jpg

お天気次第の彼の作品、ご覧になれるとはついてらっしゃる。

d0133693_21535455.jpg

ウバユリのファルシ、お買い上げありがとう存じます。

ブッシュ・ド・ノエルのご予約でございますか。
かしこまりました。

d0133693_2155315.jpg

次のクリスマスまで、じっくりデコレートさせて戴きます。

d0133693_21561471.jpg

滑りやすいので、お足もとにご注意くださいませ。
またのご来店、お待ち申し上げております。

d0133693_21565218.jpg

by ekoekolove | 2012-02-10 22:01 | イロイロナモノ

birds in white - 2 鶺鴒とグリちゃん

d0133693_17562553.jpg

giallo
d0133693_17564236.jpg


d0133693_17564824.jpg


d0133693_17565336.jpg


d0133693_1757316.jpg

nero
d0133693_17574637.jpg


d0133693_17575941.jpg

二色の鶺鴒。

d0133693_1804966.jpg

グリちゃん。

d0133693_1814474.jpg

お口に雪をつけて

d0133693_1822529.jpg

ごはんさがし。

d0133693_1824950.jpg

雪が溶けてこの子が、ひとの暮らせない高山に帰る時、お腹の中の種を持ち帰る。

d0133693_185382.jpg

いっぱい食べた?

d0133693_1852369.jpg

「まだ!」

d0133693_1854457.jpg

一年振りのグリちゃん。

*今日、氷の溶けた水辺では、カエルやイモリが目を覚ましました。目覚めのうたはうつくしい*
by ekoekolove | 2012-02-08 21:35 | イロイロナモノ

お誕生日だったり

d0133693_22581219.jpg

本日、Mさんのお誕生日でございます。
当年とって百歳くらい、ますます元気なMさんのお誕生日ディナー肉祭りは
週末に開催いたしました。

ご近所のおいしいお店で。
ここぞとばかりに、肉ばっか食べました。

d0133693_22584186.jpg

白レバーのムース、アイガモの生ハムとベーコン、ビフテキの肉だくに
マリナーラ、デザートのバースデープレート。

いやーうまかった!

ビールはこの間売り切れだったレーベン。
前回と同じポルトガルのワイン。

足りなくて
d0133693_22595893.jpg

デキャンタも。

ごちそうさまでした。

**************************

溜まった画像と共に、覚書き。

d0133693_2312319.jpg

合いびき肉、筍、ザーサイ、ねぎ、お野菜色々に八角、フェンネルシード、胡椒、お味噌、豆板醤、などのジャージャー麺風。

草子ねーさんちの肴を見て
白菜、赤蕪、桜えび、かつぶし、レモン、マヨネーズ、粉山椒、塩、お醤油のサラダ。

だまこブームの続きで
力任せに握ったお醤油の焼きおにぎり、シメジのお吸い物、吸い口は戴いたエシャレットの茎(ネギより上品でうまい)。

蒟蒻に載せたお味噌は、柚子、ヘーゼルナッツ、お酒、お砂糖。
トースター焼き。

*******************************

だまこブーム変化球&やまいももまだ少しありまして。

d0133693_23132060.jpg

スップリ(ライスコロッケ)もどきとニョッキとオムレツ。

スップリの普通のレシピは検索すれば出て来ると思います。

これは、前日余ったさつまいもごはんを潰して、チーズを入れて丸く握り
パン粉をまぶし、ぎゅぎゅっと握っておいたものを、脂をひいたフライパンで焼いて
お野菜とひき肉少々、豆などを入れたトマトソースで煮込みました。

ニョッキはよーくこねて寝かしたらツルツルにできたけど
ゴルゴンゾーラのソースに潰したお豆腐を入れたところ
見た目いまいちなので、取り分け後の写真しかありません...

オムレツはお野菜たっぷり、みけさんにおいしかったと伺ったので
卵にすりおろしやまいもを入れたらふわっふわ!

d0133693_23224438.jpg

やまいものすりおろしと、マッシュ絹ごしを混ぜて落としたすいとん風。

d0133693_2327655.jpg

しっかりして、ふわふわなお団子。

d0133693_2344436.jpg

鳥胸肉とやまいもすりおろし、パン粉とマッシュ絹ごしもでつくね鍋。
トントン師匠の松風の味つけにならって、お味噌も入れました。

d0133693_2345932.jpg

残り物も並べたらつくねが余りそうだったので、わけておいて冷凍。
確たる目的はなかったけど、これが使えた!

d0133693_23463881.jpg

トントン師匠ご来訪につき、あらかじめ支度できて、喜んで戴けそうな彩りのごはんを。

d0133693_23472693.jpg

つくねと甘塩鱈の赤いかぶら蒸し。
師匠の目の前で飾り切りご披露。笑
(もちろん抜型使用

*追記*
かぶら蒸しを勘違いしてました。汗
これはただの乗っけ蒸し。

d0133693_2353313.jpg

ごぼうの酢醤油漬けのひじき入り白和え。
お漬物の白和えも草子ねーさんの真似。
彩りはパプリカパウダー。

菊花蕪は塩をしてお酢を少し振りかけて、スパイスをもみ込んだピクルス風。

ブロッコリーは塩茹で。

もう一色、お茶請けでお出しした金柑の焼酎煮を乗っけて
オリーヴオイルをお皿に垂らしました。

むかごが少なすぎたむかごごはんに、お豆腐と舞茸、やはり余ったつくねのお吸い物。
と云う献立でした。

そして今日がお誕生日だったわけですが...

d0133693_071393.jpg

ガレットのつもりだったよくわからない粉焼き、になってしまった.....
ちょっと体調がよろしくなくて、集中できなかったんだよ~(言い訳

師匠に生ハムを戴いたので、そうだ!ガレットにしよう!なんて思いついたものの
皮がそもそもそば粉じゃないし。

ガレットだと思わなければおいしかった、ってとこ。

d0133693_11265082.jpg

ケーキの代わりに、お節で作った黒豆ときんとんを解凍して、甘いものも。
あたしは食べなかったけど、ちょろぎの塩味が合う、と言っていました。

本当はパイかタルトにしたかったので、それもまたいずれやってみよう。

d0133693_0221365.jpg

長々と書ける程度の体調不良でガレット失敗
by ekoekolove | 2012-02-06 23:59 | ごはん

福は内

d0133693_211884.jpg

お多福さん。

d0133693_2111522.jpg

明日から、暦の上では春。

d0133693_211417.jpg

三椏の指先につぼみ。

d0133693_2121281.jpg

雪が降って枯草はみどりに。

d0133693_2123441.jpg

すでに春のヒトたち。

d0133693_22173952.jpg

苦手な海苔巻きをがんばった。

d0133693_22181778.jpg

七福巻き。

高野豆腐、干瓢、煮干しの佃煮、卵焼き、大根と辛子のお漬物、昆布の佃煮と、チーズ!

d0133693_22195014.jpg

近くのお寺さんの節分会に行きたくて、早く支度しました。

d0133693_22203273.jpg

名札。

d0133693_22213754.jpg

お坊さんや年男さん、年女さん、役者さんたちが、声明を奏でながら行列。

d0133693_22233184.jpg

お坊さんもいっぱい。

d0133693_22235630.jpg

護摩焚き。

d0133693_22274163.jpg

熊鈴と同じような役割りなんだそう。

d0133693_22305069.jpg

豆まき。

d0133693_2233306.jpg

足元に飛んで来た殻つき落花生。

d0133693_22383491.jpg

合せて七福。

大豆、緑大豆、白花豆、黒豆、レンズマメ、ひよこ豆、落花生
のトマト煮込み。

よく揃ったな.....

太巻きを無言で一気食いしたら、なんでもないお吸い物が無性にホッとするのでした。

d0133693_22415585.jpg

すてきだった。

d0133693_22422782.jpg

まったくさいきんのわかいもんはひとまえで。
by ekoekolove | 2012-02-03 21:03 | 日記