歌花史庵 かかしあん

<   2011年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

秋の窓口 ―支度中

d0133693_9313626.jpg

秋の窓口で買った切符は、半券も大事に、とっておいてください。

d0133693_9331545.jpg

支度中のいそがしさに、いっそう華やいでいました。

d0133693_9342149.jpg

いそいそと飛びまわったり

d0133693_9345735.jpg

まだ間があると休憩したり。

d0133693_9362123.jpg

個性豊かなアキノゲシ。

d0133693_9382752.jpg

支度の早い子

d0133693_9384828.jpg

のんびりな子。

d0133693_939164.jpg

群舞が主役の舞台のようです。

d0133693_9431754.jpg

紅をさすカラスウリ。

d0133693_9434182.jpg

こちらはお化粧の途中。

d0133693_945953.jpg

たのしげに着飾る子たちもいれば

d0133693_9474169.jpg

身を細らせて肩を貸す子も。

d0133693_9484511.jpg

傷を負うことが、次に向かう支度なのかも知れません。

d0133693_950561.jpg

大きな羽音を立てる蜂は、上品に蜜を吸っていました。

d0133693_9513944.jpg

きみはいいところを見つけるのがうまいね。

d0133693_9525926.jpg

半券を持っていれば、いつでも再入場できます。

d0133693_9542270.jpg

真昼間っからハゼランが咲いてた。
by ekoekolove | 2011-10-27 09:58 | 繪子のお散歩

秋の窓口 ―アキノノノハナ

d0133693_10201117.jpg

窓口で受け付けをすませて、秋を見物に行きました。

d0133693_10221154.jpg

日向のミゾソバ畑は、傾いた日差しに染まっています。

d0133693_10235670.jpg

木陰のノギクはさむいのか、すこし青い顔。

d0133693_10262199.jpg

這うように根を広げるジシバリ。

d0133693_1028544.jpg

日差しの中に戻れば、水の中からカエルの合唱。

d0133693_10291159.jpg

雫をまとったツリフネソウは、泣いているように見えました。

d0133693_10294853.jpg

まだおともだち、いるじゃない。

d0133693_10301338.jpg

こっちにも。

d0133693_10303248.jpg

きん色のエノコロの中にも。

d0133693_10312699.jpg

スカートニンジンは、まだつぼみをつけています。

d0133693_10322134.jpg

お祭りの色を残すミゾソバも。

d0133693_10324922.jpg

でも、季節に溶けるのもわるくないよね。

d0133693_10332369.jpg

母子草は、すこし疲れたようでした。

d0133693_10341384.jpg

つぎに向かう支度をして

d0133693_10343857.jpg

そろそろ休もうか。

d0133693_10432027.jpg

載せそびれていた初秋のオモダカ。
by ekoekolove | 2011-10-26 10:44 | 繪子のお散歩

さん地ちょくばい

d0133693_9504546.jpg

産直とか直売とか云うのに、地はたいてい略されているのでフィーチャーしてみた。

直売のお豆腐。
我が家には高かったけどやっぱりおいしい。

良い子はお気づきだと思いますが、忙しかったり疲れたりすると
ごはんネタばかりになります。

どうせ毎日作るからね~
撮れない時もあるけど。

d0133693_9533470.png

まち撮りたいな~と思いながら行った街を撮ったものの
無機質すぎて嫌になると思うので(じぶんが)
まとめた。

以下、ごはんネタ。

d0133693_9584925.jpg

蕪の葉っぱがめちゃくちゃうまかった。

まだ夏野菜がとれるらしく、甘くてパリパリのミニトマト、アイコや
写ってないけど茄子、インゲンもお買い上げして来た。

輪切りのはかぼす。*間違えたすだち。
ドレッシングはグレープシードオイルで炒めたにんにく玉ねぎ+お酢。

d0133693_1015589.jpg

時々通るところにあるパン屋さんのパンが並んでいたので、お試し。

まいたけパン。

d0133693_1023618.jpg

と、自家製オニオンブレッド・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さーせん、また嘘つきました。
オニオンブレッドが食べたくてホットケーキに玉ねぎとチーズ載せて焼いた。

甘かった.....

d0133693_104832.jpg

この数日前のアイボリースープと共に。

ホワイトシチューにもブラウンシチューにもならなかったってワケさ。

その日の夜更け。
d0133693_1065336.jpg

振っています、わかりづらいけど。

こんな時期にわさびの茎を売っていたので、醤油漬けに。
あっさり漬けようと醤油漬けのレシピを探したらこりゃいい♪
Cpicon 春の香り♪わさび茎のしょうゆ漬け by まほじょ

d0133693_101154100.jpg

翌日、ちょっと漬かり浅いのを刻んでやっこに。

大量にわさびの茎を仕入れる、なんて幸運滅多にないので
漬け汁のいらないこのレシピはいい!

d0133693_10154937.jpg

メガショッピングモールでランプ肉をお安く。

お酒、すだち、にんにく、ローズマリー、焼いている時にお醤油をプラス。

d0133693_10165962.jpg

デカいしいたけも安かったので、干そうと思ったけど晴れないから残りは今朝つくだ煮にした。
そしたら晴れやがった。

d0133693_10181598.jpg

胸やけしそうなのでピン外しでどうぞ。

ランプは胸やけするほどではないので脂に弱いひとにはお勧めですが、ってそれはあたし。

茎わさびについていたわさびをおろしてかけてみたがやはり生はうまい。

d0133693_10212778.jpg

前に買った天狗の鼻と云う小型かぼちゃ。

d0133693_10215777.jpg

血飛沫を飛び散らせないためには、水の中でほぐすんだって。

血飛沫とか云うとイメージ悪いよね。(でも書く
雑司ケ谷鬼子母神のざくろの絵はうつくしいっすよ。

d0133693_1024913.jpg

蕪の葉っぱお気に入り。

また同じひとの蕪売ってたら買って来よ~♪

d0133693_10434431.jpg

アイボリースープもこれでお仕舞い。

シチューに合うお野菜はこれからですな。

d0133693_10475020.jpg

スケスケ。イヤン
by ekoekolove | 2011-10-25 10:24 | ごはん

空の上の

d0133693_16104652.jpg

たかいたかい 空の上
d0133693_16105418.jpg

おいでおいでと くもがよぶ
d0133693_161106.jpg

お花を挿して あげようか
d0133693_1611796.jpg

雫でかざって あげようか
d0133693_16111390.jpg

お花と雫の ハンモック
d0133693_16111996.jpg

霧のレースの 重い天蓋
d0133693_16112680.jpg

お腹をすかせた くもの営む
d0133693_16113370.jpg

空の上の レストラン
d0133693_16113958.jpg


おいでおいで...........

ニュー・カサヤマ
by ekoekolove | 2011-10-20 18:09 | 散文

福笑い

d0133693_9353148.jpg

お正月に前の近所の神社で拝領した福笑い。

玄関の窓に立てかけてあったんだけど
網戸屋さんが来たあと、入り口から真正面に見えるここに移動なさってた。

にこにこと穏やかなおじさんでした。

業者さんに税務署に頼んでいた大きな荷物に
家にいながら色んなひとと会う日々。

つまらなくはないけど、家の中で暴走してしまう。

えらく不気味なものをこしらえてしまった。

d0133693_9413328.jpg

ワイン風味のお稲荷さん..........

色んな意味で危険極まりない。

中身は炊いて4日目の玄米をガーリックライスにしたもの。
パッサパッサで齧ったら分解してしまった。

食べ切れないほどまずくはなかったけど
二度と食べたいとは思わない。

この日は、もう一件暴走事件発生。

d0133693_9443290.jpg

シシャモマルゲリータ。

下に敷いたのは茄子の拍子切り。
トマトがなくてケチャップ。

お手入れできないまま、貧弱かつ色がいよいよ薄くなったバジル。
それでも香りはするので摘んでみたところ
なぜかこんな目に遭わせてしまった。

これもまずくはないけど、シシャモが血の涙を流しているように思えて
ごめんね、と謝りながら喰らった。

d0133693_947943.jpg

ねーさんに戴いた里芋の親御さん。

ものすごく甘くて味が濃いので
これは安全運転で戴きました。

d0133693_948341.jpg

ひたすら火を入れ続けた鳥手羽と、塩だけ。

派手さはありませんが、滋味豊か。

d0133693_9492844.jpg

うまそうに見えないけど、チーズと出汁がらこぶの佃煮の組み合わせはうまい。

オイルかけたらうまそうに見えたかなー
お菓子食べたら胃をやられて、脂分が怖かったあの頃。

でもチーズは平気。いつでも平気。

自虐ネタもうひとつ。

茗荷が好きで好きで好きすぎてその昔、冷凍したらいつでも食べられるんじゃないかと
生のまま凍らせてみたことがありました。

結果は、涙なしには語れません、茗荷好きには。

しかし漬物にすれば冷凍もできると知って、甘酢に漬けた。

d0133693_9535674.jpg

安かった生姜も。

漬かったので小分けにしてすっかすかの冷凍庫へ。
うつくしい漬け汁は再利用予定dけど、最近暴走気味だからなぁ。

痛い話もう一発。

大好物のルッコラはたくさんまいて、間引きしたものを食べながら育てるといい、と読んで

d0133693_9561681.jpg

密集。

それでも大きくなって来るのに気を良くして

d0133693_9564957.jpg

やりすぎだろ。

大きい方の子たちは今日間引き
元気そうな子を移植してみましたがお疲れのご様子。

がんばれ。

以下、イモムシ注意。

d0133693_9594846.jpg

こんな透き通ったうちから頑なにしがみつくこのヒト。

引っぺがして強制退去させようか迷っているうちに
更に態度を硬化させて、今朝は完全に別人と化していた。

しまつた。
さっさと裏の空き地に引っ越してもらえば良かった。
今も彼は、不気味な沈黙を貫きながら、お手製の植木鉢置きにしがみついている。

d0133693_11395597.jpg

裏の空き地の子たち。刈られっちまうので、戴いて来ましたぉぅ。
by ekoekolove | 2011-10-19 10:00 | 日記

ちょっとおさんぽ

d0133693_784288.jpg

ちょっとの間、ちょっとだけおさんぽ。

d0133693_7264810.jpg

なかよしの子たちでした。

お雛様みたい。

d0133693_7271736.jpg

畑にありました。

これなぁに?

d0133693_7274417.jpg

あちこちの軒先に、ホトトギス。

種が飛んで来るのかなぁ。
うちにもおいで~♪

d0133693_7284460.jpg

シュウメイギク線路
いや、線路シュウメイギクか。

d0133693_7291486.jpg

早くうちも、お花植えたい。

d0133693_7304093.jpg

登下校の見守り中。

ごくろうさん!

d0133693_7375371.jpg

クモたんお食事中につき、ちっさくしてみました。

d0133693_7382777.jpg

おっ!いい面構え!

d0133693_7385279.jpg

にらまれながら接近すると、撫でる?と云う顔でじっと見ていた家猫ちゃん。

d0133693_7595879.jpg

これなんだっけ。

あとで調べよう。

d0133693_81179.jpg

ここここんな子もいました...

d0133693_813265.jpg

続きはまた今度~
by ekoekolove | 2011-10-18 08:05 | 繪子のお散歩

諏訪湖のワカサギと人間とカワアイサ

めずらしく真剣に書きました。
最後まで読んで、一緒に考えて戴けるとうれしいです。

第二の故郷(のひとつ)、諏訪で
大事な収入源であるワカサギを保護する為に
食べに来る野鳥(カワアイサ)を花火で脅かし
追い払おうと云う計画が進行しているそうです。

諏訪ッチさんの記事で知ったんですけどね。

今年初めて冬の諏訪を訪れた時に、空砲を聞きました。

これは今まで、カワアイサを追い払う為に行われてきた方法。

カワアイサの群れは飛びたつものの、周囲16km弱の諏訪湖内では
ちょっと移動したに過ぎない。

だから今度は、もっと驚く花火だそうです。

採算とれるのかも疑問だけど、それはこちらの心配することではなく、単純にうるさい。
花火の音は、耳で聞こえるだけではなく、体が振動する巨大な衝撃です。

諏訪湖の周りで暮らすのは、人間とワカサギとカワアイサだけでは当然ありません。

大がかりなことをして自然界に介入し、それが今後どれだけの影響を及ぼすのか。

後々になってみなければ判らないことなら当然
慎重に慎重を重ねて、未来への責任を取る覚悟でやるべきなのは、素人にもわかります。

知らなければ、一地方のニュースとして過ぎてしまうこと。

でも内陸の大きな湖は、近隣の土地への影響も大きいのではないでしょうか。

そして知ってしまった以上、せめていつも見にいらして下さる方には
こんなことが起ころうとしている、と知って戴きたい。

いまのところ、ちょっと調べて出て来たのは信濃毎日新聞のウェッブニュースでした。

他にも報道されているかも知れないし、今後全国ニュースでも流れるかも知れない。

耳にした時、目にした時、ちょっと心に留めて戴けるとうれしい。

諏訪湖やその周りで暮らす、人間やいきもののことを
考えてみてほしい。

周りで暮らす人間、ワカサギ漁をするひとや、しないひとや
他のいきものの気持ちになってみてほしい。

今回は諏訪湖に関してですが、同じように、人間の行いに疑問を感じることは、よくあります。

自分自身もそのひとりだから、我が身を振り返って後ろめたく感じると
見ない振りをすることもあります。

そしてやはり、見ない振りをして後ろめたく感じることは、個人的には
やらない方がいいと思うのです。

花火の振動で、ちいさないきものは死んでしまうかもしれない。

犠牲が甚大過ぎる気がして、諏訪湖のワカサギ
何度も行っても、諏訪湖産は食べたことがないのですが
今後も食べたくありません。

読んでくれてありがとう。


おいちゃんのオトナの見解もどうぞ。
by ekoekolove | 2011-10-15 23:06 | 日記

ちまきのようなもの

d0133693_223849100.jpg


本日の[ようなもの]。

今日は中華ちまきのようなものにございます。
画像は春に掘った筍ちゃん。(蓋が開かず別の個体にした

ちまきと言っても筍の皮がないし、そもそも今朝思いついたから材料も揃わなかったけど
どうしても食べたかった。

もち米なんか珍しく買ったから里心がついたんだと思う、ってあたしの里はどこじゃい。

そして朝から夕方まで業者さん二組が来ていた為
場所もないし、やはり簡単なパスタかなんかにすべきなんだろうか
と思いながら作った、日記形式レシピ。

そうこれは日記です。
だってお料理ブログじゃないもん。

今日はどうしても食べたいがゆえに、失敗を恐れて
覚えている限りメモを取り、レシピ通り作ろうと、計量スプーンまで用意しました。

用意と云うのは、いつ買った物か不明だし、一度も使っていなかった為
すんげー汚いから洗ったってこと。

参考にした材料、作り方は無水鍋屋さん(?)の中華ちまきの分量と下ごしらえお赤飯の炊き方


とりあえず、以下レシピ (のようなもの)

・もち米 3カップ

A. 具材

d0133693_22363782.jpg


・干し椎茸  小振りだったので6枚 (1と1/2カップの水で戻す)
・ベーコン  7cm×7cmくらいだったと思う
・Mんちで掘った筍ちゃんの水煮   早くも分量わからず
・内陸諏訪のスーパーのいつも買う桜えび   大匙2 いや3か
・長葱    2本
・ごま油   大匙3

B. 調味料

・干し椎茸の戻し汁
・お酒(どすこいな大関一升瓶)    小匙2 (実際は100mlくらいかと
・砂糖    大匙1
・醤油(地元の)    大匙2
・塩     小匙1/4
・八角    耳かき2杯くらい
・フェンネルシード(草子ねーさんの)    2粒
・鶏手羽のスープ    でかいおたま1杯
・かつおとこんぶの出汁   ドバっと入った量


1) もち米を洗って水に浸し、本来1時間程度のところ業者さんが来ちゃって3時間くらい放置。

2) Aの具材はすべてみじん切り。

3) Bの調味料、八角(もちろんドライ)とフェンネルシードは干し椎茸の戻し汁に入れて放置してみました。
(桜えびも浸した方がよかったかも?)

4) 長葱をごま油で炒め、しんなりしたところで業者さんに呼ばれ、かなり放置。

しばらくしてもう一度お鍋に火を入れ、他の食材も入れて炒めました。

5) 火が通ったらBの調味料をすべてぶち込み、本来汁気がなくなるまで煮詰めるところを
飽きちゃって途中でやめて水っぽかった。


***ここで残念なお知らせです***


けっきょく計量スプーンで量ったのはお醤油だけでした。ハハハ

計量スプーン乾かなくてさ、拭くのめんどくさかったから液体だけ量ったってワケ。
お酒も液体だけど、一升瓶から入れるからスプーン使うのは無理で
けっきょくドバーっと入っちゃった。



レシピ(と云うには口幅ったいが)に戻ります。


6) 水っぽい具が出来上がったらお米投入。

7) 一緒に炒めてみたものの、炒めていいんだろうか、あんなに水に浸したりしたし
と不安になってすぐやめた。


ここからはお赤飯の炊き方、前代未聞のリンク先”レシピ通り”。


8) 水をひたひたに入れる。

9) 蓋をしたら沸騰するまで強火。
10) 沸騰したらいちばん弱い火にして(とろ火ほどではないけど)8分~10分。
11) 火を止めて蒸らし10分。

12) かき混ぜる。

13) 酒を注ぐ。

14) 呑む。

出来上がりました、ごはんもあたしも。


ちなみに、鳥手羽のスープは、冷凍庫から出してテフロンのお鍋の上で解凍。
溶けたかわからないまま火にかけ表面を焼き、水を入れて煮込んだ。

魚焼きグリルでパリッパリに焼いた方がほんとうはうまいです。
今日は場所がなくて洗えない為省略。

そっちは長葱、にんじん、大量の生姜の酢漬け、にんにくの芽、塩、テーブルこしょう、お醤油、お酒を入れて煮て、食べる直前温め直してから缶詰のくわい投入。

d0133693_2240214.jpg

Mんち付近のY屋さんで買った物。
また買おう。

ちまきのようなものの方は、蓋を開けた瞬間
やっぱりなー、水に浸けた時間が長すぎた上に、調味料の水分ちゃんと飛ばさなくて
炊く前の水もひたひたより多かったなー、と思い起こすほど
ちょっと水っぽかった・・・・・・・・・・

でも、業者さん声をかけられる合間を縫って午後の早い時間に炊いていたので
夕方までには水分も落ち着いてました。

d0133693_224179.jpg


今日はお昼にシリアルを少し食べただけで、他は喰うよゆうもなかったので
猛烈に腹減っており。

ちまきのようなものとスープだけの予定が
思いの外くわいがうまく(缶からつまんだ)
一昨日の酢牛に足して炒めて一品追加。

d0133693_22415776.jpg


酸味もほしいよね、うんほしい、と独りでやり取りして冷蔵庫の厚揚げ南蛮漬けと豆もやしのナムルのようなものも追加。

d0133693_22423259.jpg


なんかエスニックっぽいじゃん、と思うと果物とかもあったらどうだろうか
と浜松から送ってもらった洋梨も追加。

d0133693_22425641.jpg


じゃあスープは辛く、とかぐらちゃん追加

d0133693_2243308.jpg


葉唐辛子についていた青い唐辛子も追加。

d0133693_22435818.jpg


酒は追加ではなく、支度しながら飲んでました。
大関ではなく地酒。

なんだかちまきのようなもの、猛烈にうまかった。
帰って来て喰ったMさんもお店の味と言っていた。

こんなに適当でも、喰いたいもんはできるもんだなもし。

しかし疲れた。

後付工事はあと3回で終わる。
そしたらメジロちゃんに会える。(間違いない

がんばろー

d0133693_2246437.jpg


それは中華風おこわだろってだれか言ってやってください。
by ekoekolove | 2011-10-14 22:55 | ごはん

古い料理の写真

古い料理...

古い、料理の写真
若しくは
料理の古い写真
ですね。

ニホンゴムズカシネ。

画像データを見ていたら、古いったって今夏のですが
なにやら出て来ました。

d0133693_15513281.jpg

マリネード蒟蒻。

ご当地さしみ蒟蒻を漬け込んでみた。
手違いで余ってしまった日持ちしない蒟蒻、お刺身用だけど
漬け込む場合は湯掻いた方が良かったかも?(遠い記憶

d0133693_15551377.jpg

豚バラブロックの煮込み。

八角を耳かき半杯くらい入れたのが良かった。
あとはたぶん、お酒と塩、香りづけにお醤油も垂らしたかも。
ウィスキーを入れたんじゃないかとも思う。

上にかかってるのは甘くないラズベリーソース。
甘くないフルーツソースが酒呑みには合う。

d0133693_15584623.jpg

今夏、ひとりの朝昼ごはんはこれがお気に入りでした。

とれ立てのピーマンはそれほど青臭く感じず
+チーズでトースト。

まな板に茄子の色がうつってるし。
夏の風物詩かこれも。(どうよ

d0133693_1621936.jpg

一本裏のSさんに戴いたお野菜。

他にも色々戴きました。

落ち着いたらあそびに行こう♪

d0133693_1635679.jpg

これも戴いたトマト。

熟して割れていて、びっくりするほどいい香りでした。

酢漬けの玉ねぎとにんじん、バジルの花穂を添えましたが
負けない甘さと香り。

いま食べたいいま食べたい(無理

d0133693_1663312.jpg

これはお邪魔した時に戴いたもの。

スライスした大根を干して、はちみつに漬けたんだったか。
今度レシピを伺おう・・・・・

d0133693_1610187.jpg

うちにはちょっと珍しい卵料理。(と前日の残り物

*Mさん、ものすごく健康なのに、卵をいちにち2つ以上食べるのを嫌がります。
朝ごはんは納豆卵かけごはんの為、昼夜はめったに使いません*

この日は翌日から家を空ける為、卵3つを使い切り。
酢漬けの玉ねぎとチーズ入りオムレツ。(確か

d0133693_1614195.jpg

そうめんをひたすら食べた。

たぶんだけど、玉ねぎと茄子をおつゆと煮て
上はベシャメルソース「風」(まちがいた、シャリアピン)、つまりトマトと玉ねぎをお酢で和えたもの(きっとオイルは入れていない)と
トッピングは茗荷の酢漬けと青紫蘇の大葉と思われ。

あたしはともかく、Mさんこんなんでカロリー足りたんだろうか(いや痩せた気がする...

d0133693_16372255.jpg

南国風なコイツは、黄色くてでっかかったズッキーニと
作り置きしていた肉味噌を和えたものらしい。

信州で何種類ものズッキーニを買って来た。

d0133693_16391875.jpg

左の瓜系のもそのひとつ。

察するに、にんにくと炒めて玉ねぎの酢漬けを載せたのだと思う。

右はきっと、ラタトュイユの残りで厚揚げとパスタを煮たんじゃないかと。

そしていまだに、ラタトュイユの定義が判りません。(だれか~

d0133693_16425171.jpg

これは色々載ってるぞ!

記憶の片鱗はおろか小骨すら残ってないけど
見る限りそうめん、玉ねぎの酢醤油漬け、瓜の醤油漬け、茄子の塩もみ、玉ねぎの酢漬け
わかめ、ごま、ミニトマト
・・・・・・・・・・・・だろうな.....

即席めんつゆも入ってるかもしれん。
即席って、出汁とお酒を沸かして塩と醤油いれるだけ。

食材が豊富な夏でござった。

d0133693_16553995.jpg

へぼ写真だけどうまかった茄子味噌餃子。
by ekoekolove | 2011-10-13 18:02 | ごはん

秋模様

d0133693_2355718.jpg

おさんぽに行きました。

めずらしく今回は目的あり。

d0133693_23563941.jpg

転居のおしらせはがき用写真を撮りに。

写真はイメージです。

旧々居から旧居宛ての郵便の転送が、今月半ばで切れる為
年賀状では間に合わない。

d0133693_23582537.jpg

こんなのとか

d0133693_23584373.jpg

こんなのとか組み合わせて
と思ってたんだけど

あ、色合いが同じだ。

ご住所を存じ上げている方には、たぶん全然違うのが届くと思います。ブブ

d0133693_02443.jpg

文字を入れられそうな写真ばかり撮って来る・・・・・・・・つもりが.........

d0133693_0339100.jpg

先週よりは少し色の褪せたこんなお花畑に
あたしの分類ではハチドリの仲間のかわいい小鳥がいまして
あなたに夢中。

d0133693_0532100.jpg

ホウジャクたんホウジャクたん!!!

か~わいぃ~~~~~~~♡

d0133693_05582.jpg

なんか蛾みたいに撮れちゃった.....

d0133693_063075.jpg

ひろぉ~いお花畑に、ホウジャクたんがいっぱぁ~い!

・・・・・ちょっとひるんだ...

d0133693_075741.jpg

ポストカードってこんなんだっけ?
とか狙うとなんだかどうもな感じですね。

暗いし。お天気のせいだけど。

d0133693_0114896.jpg

こんな子もいました。

めんこい♡

d0133693_0131693.jpg

きみもいい所にいるよね。

このすぐあと、知らないおじさんに大声で呼ばれました。

「おねーちゃん!!!マムシの子どもがいるよーーーーーーーー!!!!!!!」

おねーちゃんってあたししかいないよな、だいたい他はおじさんが2人くらいしかいないし。
走って行ってみると、ちいさなヘビのしっぽだけ見えました。

おじさん、あたしに見せてくれようと思ってか、木の棒でくさむらをガシガシ。

その後、水路をよちよち泳いでいる姿を見ることができました。

噛まないんですか?と訊くと
「子どもだからこれくらいなら噛まないけど
噛まれたら毒はあるから危ないことは危ない」

そんな危険な橋わたって~も~おじさんったら~

とは言えませんでしたが、しばしお話してバイバイする時おじさん振り向き

「あ、でもここ、マムシいるらしいから気をつけなさい」

言いたいことは解るけど、笑ってしまった。

d0133693_8305520.jpg

***おじさんpresents[イナゴの楽な捕り方]***

稲刈りの始まった田んぼに、雨のあとに行く。
まだ刈ってない稲にイナゴは集まり、羽が濡れている為動作が鈍いから捕りやすい。

教わっても捕りませんが、おじさん、遊んでくれてありがとう。

d0133693_8353791.jpg

ガビー・チョウがグワッグワッ ケキョケキョと鳴いていた。
奇抜。

by ekoekolove | 2011-10-11 23:59 | 日記