歌花史庵 かかしあん

<   2010年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

今日と昨日の日記

d0133693_21573385.jpg

本日のお気に入り
「白い犬」

ガラス越しの屈折が微妙な輪郭になって
ちょっくら油絵のようではないかい?

無邪気に遊ぶこのわんこ

猟犬です。

やる気満々で無邪気に興奮してます。
相当怖いです。


今日は先週行ったシメ殿エリアに再び行きました。
d0133693_21573838.jpg

最初に会ったハンター。

左のわんこは、あたしたちの車まで走ってやって来て
鳥を撮る為に開けてあった窓から覗き込み
ギラギラした目であいさつしてくれました。

一言でも唸ったら、口にレンズを突っ込もうと思いましたが
悪い子ではありませんでした。


でも怖いよ・・・・・


空砲を三発鳴らしていました。
何かの合図?


このあとハンターさんたちがぞろぞろ出て来たので
この辺りは猛禽ちゃんは来ないな、と思い
移動。

d0133693_21574332.jpg

WBを間違えた椋さん。

d0133693_21574894.jpg

はっくん。

d0133693_21575286.jpg

カシラダカ。

d0133693_21575664.jpg

暗いけどジョビ子。

他にはシメ殿にお会いし、ブレボケかぶりまくりのノスリンを撮って
今日は午前中に引き上げました。


んで、昨日は瑠璃子さんのご紹介で精いっぱいだったので
昨日の日記。

気持ち切り替えて読んで下さい。

d0133693_215814.jpg

ルリ男公園へ向かう途中。

日常の中にお花があるっていいよね。

d0133693_2158569.jpg

どこかのお庭の梅も満開でした。

d0133693_2158953.jpg

いつも通る、お気に入りの竹藪。

d0133693_21581453.jpg

こぶしと民家。

d0133693_21581962.jpg

これ運転してみたいなぁ。
このひとは相当なベテランのようでした。
後ろを見ながら片手でひょいひょい。
親方って憧れる・・・

d0133693_21582361.jpg

冬の薔薇は澄んだ空に似合いますね。

d0133693_21582833.jpg

ルリ男公園、尾根の上はまだ冬。

d0133693_21584322.jpg

でも明るい斜面の梅は、そろそろ咲き始めました。

d0133693_21584759.jpg

昨日載せた瑠璃子。

ノートリミングの状態です。

なにが言いたいのかって云うとね、この時間もう暗かったの。
しかもここ藪の中。

このピンポイントで合わせるのはものすごく難しかったし
シャッターなかなか下りない。
ジョビ子は1、2秒でどっか行っちゃう。
でも根性でピント合わせてシャッター押し倒した。

すごい?すごいでしょ?
ね?

それが言いたかっただけ。

d0133693_21585127.jpg

帰り道、バックミラー越しに何気なく撮った一枚に
富士山が写りました。

電線の向こうにぽっこり出た頭。
判る?

d0133693_21585527.jpg

うちの近所ではまず見られない
低い位置の黄色い月。

腹が減って吠えたくなったので、以前から気になっていたお店に。

d0133693_2159353.jpg

コースで2,300円は安い!

と思ったけど、デザートいらないし、ここはパン屋さんで
パンは焼き立てのをどんどん運んでくれる。

パンをたくさん食べたいよね?

と云うことでアラカルト。

d0133693_2159825.jpg

熱々のクロワッサン。

小麦粉がふんわり香るパン、好みビンゴです。

d0133693_21591262.jpg

パイみたいなサクサクのパンと
大好物の無花果入り。

d0133693_21591676.jpg

ぶれてるけど気にしないで。

緑のはよもぎ。
焼き立てだから、外はカリッ、中はふんわりもちもち♡

d0133693_2159207.jpg

ワイン2杯は最低ラインですから。

d0133693_21592519.jpg

メインはハンバーグとハンバーグでチーズとトマトを挟んだもの。

かと言ってソースはイタリアンではなく
おいしかったよ。

これまた大好物のマッシュポテトがついていて、テンションあがったさ。

d0133693_21592950.jpg

メニューとしては前菜だけど、あとから来たフォアグラと大根のリゾット添え。

これ気に入った!
もうお腹苦しかったし、次回はこれにパンとスープだけでいいや。

次回は・・・・・

いつ?
d0133693_21593396.jpg

[PR]
by ekoekolove | 2010-01-31 22:42 | 日記

ルリ男公園シーズン2 渡る世間はルリばかり

瑠璃家の令嬢瑠璃子さん、遂に現る!!

d0133693_22484810.jpg

[=瑠璃瑠璃子さん]30日午後1時頃、ルリ男公園の入口付近で瑠璃家の令嬢瑠璃子さんを発見した。瑠璃子さんはルリ男を家長とする瑠璃家の令嬢とされているが、ルリ男との関係は明らかにされていない。妻か娘か、或いは親族の女性か。いずれにしても、広大な敷地を持つ瑠璃家唯一の女性であることには変わりない。深窓の令嬢として公に出ることはなく、敷地内でも人前に出ることは稀だった。一般鳥である瑠璃子さんのプライヴァシーを重視し、これまでは踏み込んだ調査は控えていた。しかし今日ルリ男公園を訪れた我々は、疑惑の渦中にある人物との接点を見出し、公開に踏み切った。

d0133693_22492462.jpg[=我々を出迎えてくれた瑠璃子さん]最初に瑠璃子さんを発見した時、我々は休日出勤をしたジョビ子と見間違えた。しかし肩の黄色はルリ男一族の証。突然の出会いに驚く我々にあどけない眼差しを向け、瑠璃子さんは一旦木陰に身を隠した。


d0133693_22493010.jpg[=再び現れた瑠璃子さん]数秒後に今度は、目の前の石の上に立った。何か気掛かりなことがある様子で、我々の切るシャッター音には動じなかった。


d0133693_22493629.jpg背後を気にしているようだ。


d0133693_22494166.jpg少し怒っているようにも見える。


d0133693_22494669.jpg後ろでは確かに、ガサガサと云う音が聞えている。何度も振り向いて確認するような仕草をしていた。誰かを待っているのだろうか。


d0133693_2249509.jpg明らかに怒っている様子。待ち合わせの相手が来ないのか。


d0133693_2249556.jpg最後に確認するように背後を見詰めたあと、瑠璃子さんは去って行った。


d0133693_225009.jpg入口脇の広い原っぱでは、休日出勤なのか、ジョビ子が不機嫌そうに佇んでいた。ふたりの距離はさほど遠くない。ジョビ子は派遣社員、瑠璃子さんは大家の親族。ふたりに接点があるとは思えない上、お互い見える位置にいた。待っていたのはジョビ子ではないと、我々は推測した。


瑠璃子さんの待ち合わせ相手か!?
d0133693_225055.jpg[=茂みから出て来た赤腹社長]背後で音を立てていたのは、赤腹社長だったようだ。社長は姿を現したものの、我々に気づくと慌てて飛び立ち、去って行った。瑠璃子さんと赤腹社長の関係は、大家の親族と店子。そしてもうひとつ、接点がある。瑠璃家の屋号は火焚だが、血筋から言えば津組と姻戚関係にある。そして赤腹氏も津組と同族。太古からの進化の長い歴史に埋もれた遠い関係だが、我々の知らない濃い接点があるのだろうか。ルリ男はしばし、これも津組と姻戚関係にある副社長、白腹氏と一緒にいるところを目撃されている。それなら瑠璃子さんと赤腹社長も・・・
それがどのような関係であれ、人目を忍んで約束をしていたような素振りに、我々は注目したい。


d0133693_22501174.jpg[=ルリ太くん]次に我々の前に現れたのは、瑠璃家の男子だった。


d0133693_22501689.jpgルリ男とそっくりな為初めはルリ男だと認識したが、背中の色が斑なことから、昨年生まれた若い男子であることに気づいた。ルリ太くんの父親は誰だか明らかではない。ルリ男だと云う噂もあるが、一緒にいる所を目撃されたことは、一度しかない。また、瑠璃子さんとの関係も判っていない。しかし無邪気な少年に、一族の真実を聞き出す訳にもいかない。


d0133693_22502139.jpg[=暴れるルリ太くん]ひとりで退屈なのか、ルリ太くんはしきりに暴れていた。


d0133693_22502953.jpg「ブルブルしちゃうぞー」


d0133693_22503497.jpg飽きてしまったのか、遊具のある方に飛んで行った。我々も昼食の為、ベンチのある広場に移動すると、ほどなくしてルリ太くんがやって来た。


d0133693_22503840.jpg「あそぼ。なにしてあそぶ?しっぽあそび?」


d0133693_22504340.jpg「しっぽを

d0133693_22504843.jpgぱさーっ」


d0133693_2250521.jpg「ね?できる?」無邪気なルリ太くんと遊んであげたかったが、返事をする前に彼らの苦手な毛者が現れた。


d0133693_22505758.jpg[=絡まった紐を取ろうともがく毛者]傍若無人な家族に連れられ、つながれたまま放置された毛者は、紐が足に絡まりしきりに暴れていた。怯えたルリ太くんは一目散に逃げて行った。


d0133693_225116.jpgその直後に現れたのは津組の本家筋である、ツグミ氏。口が固いことで知られるツグミ氏は、リスクマネージメントを請け負っていると専らの噂だ。土曜の午後、なぜ、突然ツグミ氏が呼ばれたのか。社内の事情かそれとも、瑠璃子さんの出現に関係があるのか。


d0133693_225167.jpg[=離れた場所で佇む瑠璃子さん]我々が再び瑠璃子さんを見かけたのは、もう夕方近い時間だった。普段瑠璃子さんはこの辺りをよく散策しているが、外側に出て来ることはあまりない。ここは瑠璃子さんの庭なのかも知れない。


d0133693_22511052.jpg疲れているのか、近くを行ったり来たりするだけで、散策を楽しむ様子はなかった。


d0133693_22511543.jpgこのあと瑠璃子さんは、屋敷があると思われる方向へ消えて行った。門限かも知れない。主婦ならば、夕食の支度の時間か。

d0133693_22511970.jpgすぐ近くに現れたのは、先ほどと同じツグミ氏だった。瑠璃子さんに用があったのだろうか。暮れてゆく空を見詰めるツグミ氏の脳裏には、なにが浮かんでいたのだろうか。

d0133693_22512448.jpg

こんな長いお馬鹿記事、読んで下さった方ありがとう<(_ _)>
[PR]
by ekoekolove | 2010-01-30 23:59 | 繪子譚日日新聞

気刊 メジロファン 第二号

d0133693_2375428.jpg

気まぐれ刊行 メジロファン第2号

グラビアインタビュー 榛の木とわたし

d0133693_238236.jpg

「榛の木の王に触れられると、死んじゃうのよ」

実をついばみながら、メジロちゃんは無邪気にそんなことを言う。

「とおいとおい国のお話だもの。
 わたしはだいじょうぶ」


とおいとおい国のことを、メジロちゃんはどうして知っているのだろう。


「だってわたしたちには羽があるもの。
 どこのことだって、よく知ってるの」

d0133693_238777.jpg

「でもね、これには他のお話もあるの」

ちょっと真面目な顔になって、続けた。

d0133693_2381211.jpg

「婚約者のいる男のひとが、榛の木の王の娘を好きになってしまうの。
 まいばんまいばん、その娘のところに通ってしまう。
 婚約者も好きだけれど、その娘にとりつかれてしまったのね。
 
 だって榛の木の王の娘は、妖精なんですもの」


その男は結婚するのだろうか。


「結婚式の朝、男のひとは馬を走らせて帰って来るの」

d0133693_238164.jpg

「そしてそのまま、死んじゃったの」

d0133693_2382147.jpg

死ぬとはどういうことなのか、メジロちゃんは知っているのだろうか。

d0133693_2382735.jpg

「食べないと死んじゃうの。
 だからお花がない時は、実を食べるのよ」

はぐらかされた気がしたが、それ以上何も言わなかった。

d0133693_2383367.jpg

「榛の木の実はおいしいわ
 この実がなると、他の子たちもみんな集まって来るの」


榛の木の実とお花の蜜、どちらが好きか訊いてみた。

d0133693_238452.jpg

「木の実の季節は木の実
 お花の季節はお花の蜜」

d0133693_2385058.jpg

「それがいちばんおいしいわ」

d0133693_2385467.jpg

大きな口を開け、実を突くメジロちゃん。

d0133693_2385951.jpg

よく食べ、よく歌う。

d0133693_239450.jpg

愛らしい容姿と飄々と生きる様。

d0133693_239938.jpg

「とれた!」


メジロちゃんこそ榛の木の王の娘。
妖精にとりつかれて死ぬのは、私達かも知れない。

d0133693_2391466.jpg




写真の実はヤマハンノキ

参考
ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー(Johann Gottfried von Herder)翻訳
『歌の中の人々の声』 (Stimmen der Volker in Liedern)より
『ハンノキの王の娘』 (Erlkonigs Tochter)


この詩を元にゲーテが書いたと云われる作品はコチラ。
歌詞を知らないひとは、下に貼ったので読みながら聴いてね。


(語り手)
風の夜に馬を駆り 
かけり行く者あり
腕に童おびゆるを 
しっかとばかり抱けり

(父)
ぼうや、なぜ、顔隠すか?
(子)
お父さん、そこに見えないの? 
魔王がいる、怖いよ
(父)
ぼうや、それは狭霧じゃ

(魔王)
可愛い坊やおいでよ 
おもしろい遊びをしよう
川岸に花咲き 
きれいなおべべが、たんとある

(子)
お父さん、お父さん、聞こえないの?
魔王が何か言うよ
(父)
なあに、あれは 
枯葉の、ざわめきじゃ

(魔王)
坊や、一緒においでよ 
用意はとおにできてる 
娘と踊ってお遊びよ  
歌っておねんねもさしたげる 
いい所じゃよ、さあおいで

(子)
お父さん、お父さん  
それそこに、魔王の娘が
(父)
坊や、坊や、ああそれは  
枯れた柳の幹じゃ

(魔王)
可愛や、いい子じゃのう坊や 
じたばたしてもさらってくぞ

(子)
お父さん、お父さん、魔王が今
坊やを掴んでつれてゆく

(語り手)
父も心、おののきつつ 
喘ぐその子を抱きしめ
からくも宿につきしが 
子はすでに、息絶えぬ

(「ゲーテ詩集」大木惇夫・伊藤武雄共訳)
[PR]
by ekoekolove | 2010-01-29 23:59 | 繪子譚日日新聞

葦原の主

d0133693_22215555.jpg

MM公園葦原の主、ジョビ男です。

d0133693_2222068.jpg

時には葦原の歴史に思いを馳せ

d0133693_2222656.jpg

時には未来を想う。

d0133693_22221042.jpg

遠くまで見渡し

d0133693_22221545.jpg

なにかに気づいても

d0133693_22222020.jpg

足のゴミには気づかない。

d0133693_22222696.jpg

長い影法師のできる時間

d0133693_22223127.jpg

ジョビ男は悩んでいた。

d0133693_2222368.jpg

「そうだ」

d0133693_2222428.jpg

「枝に登ろう」

d0133693_22225364.jpg

「ぼくが気になるぅ~?」

d0133693_22225842.jpg

「カモ~ン」

d0133693_2223327.jpg

「あはん」

d0133693_2223990.jpg

またゴミついてますよ。

d0133693_22231424.jpg

「どこ?」

d0133693_22231927.jpg

クチバシ。

d0133693_22232489.jpg

「どこ~?」

d0133693_22232964.jpg

どこのジョビ男もこの程度。

d0133693_22233341.jpg

こいつも春には左遷か?
[PR]
by ekoekolove | 2010-01-28 22:38 | photo

ルリ男公園シーズン2 キャスト

d0133693_21582399.jpg

ルリ男公園は、某大手企業傘下の子会社です。

こちらは大家のルリ男さん。
会社運営にはノータッチです。


昨年春、シベリアに左遷された彼も無事
本社復帰。
d0133693_2159690.jpg

園芸部縄張課のジョビ男。

仕事は害虫の駆除と植え木の見回り。
慣れた仕事に戻れて良かったね。

d0133693_21591126.jpg

でもなんだか浮かない顔。

その理由は、新たに配属された
女子派遣社員の存在。
d0133693_21591733.jpg

よろしくおねがいしまぁ~す♡

とかわいく挨拶したジョビ子、その実態は・・・
d0133693_21592378.jpg

凄腕。

仕事ができるかわいい女。

ジョビ男くん、春にまた、シベリアに異動になっちゃうかも?

d0133693_21592827.jpg

こちらは女子社員のエナガちゃん。
d0133693_21593428.jpg

かわいいエナガちゃんは人気者。

それゆえ・・・
d0133693_2159393.jpg

ジョビ子が気になる様子・・・

女は怖いです。

d0133693_21594468.jpg

アルバイト社員のヤマガラちゃんはメールボーイ。

入室の前には、木の実をコツコツノックします。
暇な時は中身を食べます。

d0133693_21594848.jpg

こちらが社長の赤腹氏。

後ろ姿は白腹副社長とそっくりです。

d0133693_21595427.jpg

この社長、実は黒い噂が絶えません。

社長と面会する客の中には・・・
d0133693_220376.jpg

こんな派手なジャケットのお兄さんや

d0133693_2201347.jpg

お背中の彫り物も鮮やかな旦那衆も・・・

d0133693_220882.jpg

「邪魔したな」

d0133693_2201844.jpg

「へい、お気をつけて」

d0133693_220239.jpg

先代からの番頭、コゲラ爺さんも最近は

d0133693_2202875.jpg

いつも二日酔い・・・

d0133693_2203246.jpg

胃薬はもう、効かないようです。

d0133693_220378.jpg

「結局おれが、全部尻拭いなんだよね・・・」

真面目な白腹社長、たまにルリ男に愚痴をこぼしているようです。

d0133693_2204264.jpg

一方ルリ男は、面白半分に社内のできごとを眺めています。

ルリ男公園、今年も目が離せません。

d0133693_2204752.jpg

次回は「ジョビ子の悩み」

いつか判りませんがお楽しみに~


外野のスズメたち、おもしろすぎwww

[PR]
by ekoekolove | 2010-01-27 22:30 | photo

白い鷹

d0133693_21163336.jpg

ノスリンからの脱出

d0133693_21163927.jpg

月とノスリン

d0133693_21164417.jpg

おすわりノスリン

d0133693_2116495.jpg

ん?

d0133693_21165832.jpg

デッパツノスリン

d0133693_2117369.jpg

もふもふノスリン

d0133693_2117850.jpg

方向転換ノスリン

d0133693_21171359.jpg

なると

d0133693_21171868.jpg

バイバイノスリン

d0133693_2117222.jpg

チュウヒもバイバイ




にわとりスゲーwwwww

[PR]
by ekoekolove | 2010-01-26 21:19 | photo

早春花譜

d0133693_23342188.jpg

冬の風 揺らす椿は ぼんやりと
d0133693_23343753.jpg

光を浴びて ただ春を待つ
d0133693_2334473.jpg


d0133693_23345797.jpg

春の木と椿咲く頃春はまだ  繪子
d0133693_23351042.jpg


d0133693_23353141.jpg

暗い雑木林の中に春を見つけたよ  繪子
d0133693_2336373.jpg


d0133693_23361256.jpg

水仙は春を知らせるベルなんだ  繪子
d0133693_2336307.jpg


d0133693_2336419.jpg

まんず咲く 我が名は我が身と 言いたげに
d0133693_23365448.jpg

枯葉押し退け まんさくの花
d0133693_2337818.jpg


d0133693_23512173.jpg

トラックに揺られてパンジーのお嫁入り  繪子
d0133693_23513635.jpg


d0133693_23515078.jpg

年の瀬を 越えて染まった 紅い身を
割くは寒風 凍える思い
d0133693_2352750.jpg



写真デカすぎたか・・・
[PR]
by ekoekolove | 2010-01-25 23:38 | waka

遅く起きた昼は

今日は完全に寝坊しました(ρw-).。o○

せっかく、東京在住のトントンさん(仮名)に
情報を提供して戴いたのに
今からじゃ新規開拓は間に合わない。


と云う訳で、勝手知ったる近場のMMへ。

↓今日最初に撮った写真。
d0133693_2312495.jpg

おまわりさん、なにしてるのかなー?

d0133693_2312935.jpg

はい、ご覧の通り、違反切符を切っています。

・・・・・・・・・・・・後ろに見える黄色い線を越えてね
まーさん、隣の車線に移動したの。

6千円の罰金と、ゴールドカード取り消しで
交通ルールを教えて戴きました。

最近運転が荒くなっていたまーさん、6千円の授業料を払って
紳士的なおまわりさんにご指導戴いた訳です。

事故ってからじゃ遅いんだから、ちょうどいい戒めになりました。


で、MMで最初に会った子。
d0133693_2313489.jpg

ツグミちゃん。
暗かったからぼんやりと、なんかいい感じじゃない?


ここで
056.gif豆知識056.gif

ツグミちゃんには、2種類いるそうです。
どう違うのか、細かい所は判らないけれど、図鑑を見ると色が違う。

以前撮った写真があるので、比べてみましょう。
d0133693_231391.jpg
←よく見るツグミちゃん。

     ↓ 以前MMで撮ったツグミちゃん。
d0133693_2314485.jpg


色が違うよね?

若鳥かなーとも思ったのだけれど、図鑑に載ってる色合いにそっくりです。
その子だったらいいなー

d0133693_2314837.jpg

お次はキュートなカラスたん。

d0133693_2315334.jpg

おめめに風景が映ってるの♡

d0133693_2315812.jpg

梅ひよもいたの。
d0133693_232339.jpg

梅ひよもう一枚。


歩いていると、なんかいい匂いがする、とまーさんが言う。

誰かなんか喰ってんじゃない?
と適当に答えて先に進んだら
d0133693_232840.jpg

満開の蝋梅がたくさん!!!
d0133693_2321255.jpg

撮って撮って撮りまくったので、今度嫌われそうなほど載せます。

d0133693_2321852.jpg

師匠のほどすてきじゃないけど、枯れ紫陽花も見つけました。

今日はお花だくかも?(´∀`*)?

と云う、ささやかな希望を奪ったのはコイツ。
d0133693_2322354.jpg

餌をねだるひよ。

人間に餌をもらおうなんて、ひよにしては珍しい。
あまりにかわいくこちらを見るので
禁断の、自然豊かな場所にいる野鳥への餌やりをしてしまいました・・・

コイツ、パンを投げるとうまくキャッチするのよ。
面白い写真が撮れたから、これもそのうち載せます。


今日も鳥からは逃げられないか、と諦めて鳥を撮りつつ進むと
探し求めていたもの発見(*゚Д゚) ムホムホ
d0133693_2323318.jpg

レース紫陽花。
d0133693_2324017.jpg

やっぱり師匠ほどうまく撮れないけどさ、でも嬉しかった。
d0133693_2324481.jpg

のでもう一枚載せちゃう。

お次も探していた・・・
d0133693_2324894.jpg

ピンクの椿!
撮ったもの全部載せちゃうもんね。
d0133693_2325313.jpg
d0133693_2325796.jpg
d0133693_233273.jpg


お花も撮れたし、もう帰りま
d0133693_23364.jpg

せんよ。

このあと、いつも優しいおじさんに
公園内外の情報をたくさん教えて戴き
とりあえず公園内では、もう枚数はどうでもいいやってくらい撮りました。

なんか、色んなドラマがありましたよ、鳥の。

相変わらず写真の在庫はコンテナ10台分くらいあるので
いつか載せます。

d0133693_2331139.jpg

今日も疲れ果てて、メシ喰って帰りました。

d0133693_2331634.jpg

おいら北海釜飯、まーさん海鮮ちらしとうどんのセット。

d0133693_2332645.jpg

大好物、無花果のアイスがあったので、デザートも行っちゃったよ。

甘酸っぱくておいしゅうございました。


おじさんに教えて戴いた情報の現場、行ってみようかどうしようか・・・


最後に、今日のニューカマー
d0133693_2333137.jpg

[PR]
by ekoekolove | 2010-01-24 23:05

シメ殿守護区見聞録

d0133693_22232411.jpg

猛禽ちゃんに取り憑かれたまーさんが調べた
ご新規エリアに行ってみました。

d0133693_2223386.jpg

車道と云うより、車のわだちのなれの果て、と云った感じの道。

このエリア全体がこんな道あんな道で
通行はもはや罰ゲームでした。

車も神経もボロボロ。

不安に駆られながら進んで行くと、頼もしいあのお方のお姿が!

d0133693_22234510.jpg

シメ殿!!
シメ殿ではございませぬかっ!!

d0133693_22235078.jpg

変わらぬ厳しいお顔。

d0133693_22235997.jpg

何かを睨みつけるかのような、鋭い眼差し。

それもそのはず、左手に見えますのが~
d0133693_2224445.jpg

禁漁区域ではない区域。

うっかり歩いていると、撃たれる可能性もあるそうです。

うっかり入ってしまったのはあたしたちです。
車でですけどね。

おどおどしながら走り、鳥も撮り
d0133693_22241129.jpg

道祖神にタゲリがいるかも知れないと云うエリアを訪ね
行ってみました。

d0133693_2224187.jpg

こんな所。

タゲリはいませんでしたが
d0133693_22242338.jpg

あ~か~い~トラクタァ~♪を操る燃える男がいました。

お昼ご飯にしようと、またうっかり、禁漁区域ではない区域の近くに停車。

d0133693_22242826.jpg

こんなひとたちもいるので、林に入らなければだいじょうぶかも?

d0133693_22243340.jpg

最近お気に入りのお昼ご飯。

ロー村とセブンで売ってるのかな?
おにぎり2個と、おかず少し。

さっさと食べられておかずがあるから飽きない!

鳥撮りには最適です。


食後は危険区域を迂回し、周りの街に行ってみました。

d0133693_22244065.jpg

ちゅんだく。

畑の点在する住宅街です。

いい所なんだね。
都会に来ちゃダメだよ。

d0133693_22244679.jpg

小さな春も見つけました・・・・・

て、これ、咲くの早すぎて失敗じゃね?

d0133693_22245594.jpg

シメ殿エリアに戻ると、付近の畑で何か燃しています。

こう云う風情は嫌いじゃないけれど
d0133693_222508.jpg

小鳥がいなくなったよー

しかしっ!
d0133693_2225435.jpg

シメ殿はご健在!
華麗なデッパツをご披露下さいました。
d0133693_2225955.jpg

もう一発!
d0133693_22251475.jpg

捨身飼虎になられるおつもりか。

d0133693_22253415.jpg

青空が少しずつ、色を変えて行きます。

右上の黒いものはモニターのゴミではなく、カワウです。

d0133693_22251919.jpg

やがて傾いた茜色の光の中、鷹が帰って行きます。

d0133693_22252473.jpg

太陽の行き先を見守っていらしたシメ殿も
d0133693_22252965.jpg

今日のお勤めは終わりのようです。

d0133693_22253921.jpg

赤い天使の梯子。

d0133693_22254348.jpg

〆は、先週きれいに撮れなくて悔しかったからまた頼んだファミレスのサラダ。


今日はいいのが撮れましたよ~奥さん(・∀・)
d0133693_22254844.jpg

[PR]
by ekoekolove | 2010-01-23 23:06 | 日記

二畳劇場

d0133693_2039781.jpg







SJ公園は池のほとりにいたみーたん。
この子が、桟敷席に案内してくれました。


d0133693_20403183.jpg









「ここ、魚いないわねっ!ムキー!!」

と言ったかどうか

飛んで行きました。

ついて行きましょう。

d0133693_20403695.jpg

何やら熱心に見ています。

d0133693_20404180.jpg

いいぞいいぞ、と言っているようでもあります。

d0133693_20404588.jpg




「Oh!!My

d0133693_20405091.jpg




Goddes!!!」

競馬中継を聞いていた模様・・・


このみーたん、このあと華麗なホバを披露してくれましたが
ご承知のように残念な写真です。

残念ですが、大きな写真でどうぞ。
d0133693_20405534.jpg
d0133693_2041980.jpg
d0133693_2041166.jpg
d0133693_20412187.jpg


次の写真は、左端に注目して下さい。
d0133693_20413099.jpg

    この辺りに
    ジョビ子がいます。

暗い茂みの中のジョビ子を撮っていた為
高ISO露出オーバーのまま、みーたんを撮ってしまったのでした。

d0133693_20424015.jpg

ここが暗い茂み。
二畳ほどの狭い空間ですが、何故か鳥には人気。

d0133693_20424759.jpg

ひよがちょっかいを出すので、ジョビ子も落ち着きません。

d0133693_20425332.jpg

「また来たわ」
と余裕かまして

d0133693_20425875.jpg

移動。

d0133693_2043397.jpg

「ウザいのよね」
d0133693_2043828.jpg

移動。

突っつかれるまでどきませんが
接触プレイはさすがによけ、わずかばかり移動します。

d0133693_2059254.jpg





「しつこいのよねっ」


d0133693_20593594.jpg





「ぷぅ!」



狭いし暗いしいいことのなさそうなこの茂み
ギャンブル好きのみーたん、気の強いジョビ子、残念なひよの他にも
なんかいました。

d0133693_20432560.jpg

これはゴイゴイでしょうか

それとも

屋根裏の散歩者でしょうか。
d0133693_20433063.jpg


覚え書き
[PR]
by ekoekolove | 2010-01-21 20:38 | photo