歌花史庵 かかしあん

equo voyage : 浜松「大瑠璃川」

d0133693_232219.jpg

オオルリを探しに、いつもの川に行った。
d0133693_2322863.jpg

まずは以前よく泳いだ、下流。
d0133693_23221470.jpg

久し振りに来てみると、土手もきれいに整備されている。
d0133693_23222146.jpg

酸い葉(スイバ)の雄花。
花言葉は親愛の情、情愛、忍耐。
d0133693_23222721.jpg

白詰草。
詰め草の名称は1846年、オランダから献上された
ガラス製品の緩衝材として、詰められていたことに由来。
d0133693_23223337.jpg

いつも変わらず、清涼な水。
d0133693_23223981.jpg

セキレイ科が行き来し、ウグイスの声が響いている。
d0133693_23224884.jpg

もっと上流に行ってみよう。
d0133693_232348.jpg

15分も走ると、懐かし気な雰囲気に。
d0133693_0175117.jpg

細い山道の途中、広めの路肩に停車。


聴こえた、オオルリの声。
d0133693_23231939.jpg

ソーダ水のような情感。
d0133693_015251.jpg

いつまでも眺めていたかったけれど
道幅も狭いので、もっと上流へ。
d0133693_0204653.jpg

上へ上へ。
d0133693_23233825.jpg

小手鞠もまだ満開の、涼しい山奥に駐車すると
オオルリの声がかすかに聴こえる。
d0133693_23234919.jpg

川の向こうは、公園のようになっているらしい。
d0133693_23235874.jpg

この道が、遭遇ポイント。
d0133693_2324698.jpg

蛙岩が目印。
この岩の奥に、本当に蛙が鳴いていた。
d0133693_23241590.jpg

新鮮な空気の中、オオルリの声が響く。
夕方になり、車に戻っても、声はまだ届いていた。
d0133693_2325180.jpg



早くオオルリ写真見せろと云う方、クリックプリィズ!
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
↑ブログ村のランキングに参加しています。



↑5styleにも登録しました。
(重いので、どちらか一方クリックして下さればひれひれです>゜))))彡)
[PR]
by ekoekolove | 2009-05-04 00:27 | 繪子のお散歩