歌花史庵 かかしあん

エコラム:林「水引草」

d0133693_1640697.jpg

たで科.多年草.ヒマラヤから中国の高山帯の草地に群生.
花茎は高さは5~20センチで葉がなく、円筒状あるいは卵状の総状花序に明るいピンク色の花をつける.
d0133693_164019100.jpg

花弁は4枚で、5本のおしべを持つ.2本の花柱は花後も残って成長し、先がかぎ状になって果実の先端から突出する.このかぎが動物や衣服にひっかかり遠方に運ばれる.
d0133693_16403094.jpg

葉は長円形で、表面に黒い斑が入る.葉柄の下部は地中にうまる.
全体に伏毛が散生.高さは1米位.
d0133693_16404087.jpg

花後もよく見ると、実は先に引っかかりが出ている.これが衣服などにくっついて落ちる.
6月後半から咲いて夏に終わっても、9月後半からまた盛んに咲いてくる.
d0133693_16405188.jpg

金や銀の水引草もある.
d0133693_1641377.jpg


散文・妄想でランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
お気に召したらワンクリックをお願いします。
ランキングに関して、詳しくはこちら
別窓が開きます。
by ekoekolove | 2008-10-05 16:45 | 繪子譚日日新聞