歌花史庵 かかしあん

きもの処 繪子屋

これはご内儀さま、いつもご贔屓に預かりまして・・・・・
今日はお嬢さまもご一緒で。

はぁ、内々のお祝い事、
さいでござんすねぇ・・・

内々と仰いましても、お召になる方の家格も御座いますから

d0133693_2335322.jpg

裾からお身頃に松を散らした留袖などなら、
縫紋でも格調高く・・・・・

へぃ、はぁ、形式にはこだわらない、
左様で御座いますか。


ならばこれ、
d0133693_23382861.jpg

萩は今だけに御座います。

少々地色が地味では御座いますが、
非常に上品なつけ下げに御座います。

d0133693_23462080.jpg

確か、このような金の帯をおもちでらっしゃいましたね。

思い切った華やかなお色と、引き立て合って宜しゅう御座います。

嗚呼、左様ですか。こちらで。
有り難う御座います。


お嬢さまは・・・・・・・
d0133693_23591065.jpg

鮮やかなお色がお気に召したようで御座いますね。

こちらは、お年頃にもよくお似合いかと。

同じ菊でもこちら、
d0133693_021077.jpg

これは銀糸で淵取った、豪華な大振り袖に御座います。
d0133693_03372.jpg

お嬢さまのお顔立ちには敵いませんが、
このくらい派手な方が、お嬢さまをお引き立て出来るかと。

d0133693_052346.jpg

そちらは、大正浪漫と申しまして、
所謂アンティークです。

薔薇柄は最近人気がありますが、
こちらは手書きの良いお品です。

d0133693_07082.jpg

普段使いでしたらこの銘仙は、
縦縞の地模様に紅花のお色の薔薇も人気ですが・・・・・

はぁ、ついでにこの二点も。

ありがとう御座います。

はぁ、お嬢さまも地味なお召に派手な帯がお宜しいですか。

海老茶のお着物をお持ちとは、
お若いのに通好みでらっしゃいますね。

d0133693_0154374.jpg

この帯でしたら、あのブランド・・・・・
なんでしたか・・・・・

そうそう、シビラで御座います。
あのようにシックに着こなせますねぇ。

それから、コスモスなんかは如何でしょう。
d0133693_0173580.jpg

これくらい華やかなら、半襟とお袖とを発色の良いお色をお選びになって、おぐしを高くお結い遊ばしたら、
とても粋で御座います。

d0133693_020895.jpg

それは羽織紐で御座います。

ピンクの豹柄とは珍しいと、
店主の繪子が冗談半分で仕入れて参りまして。

お気に召しましたか。

有り難う御座います。

「一寸、番頭さん!」



嗚呼、少々お待ち戴けますか。

なんでしょう・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・はぁ、かしこまりました。


**************************************

お待たせ致しました。

d0133693_0232698.jpg

これは山茶花の髪飾りで御座います。

お嬢さまへのプレゼントだと、店主が出して参りました。

まだ少々、山茶花にはお早よう御座いますが、
お納め下さいませ。


本日もたくさんのお買い上げ、有り難う御座います。

繪子屋番頭、出目金太郎が承りました。

またのお越し、金魚一同お待ちしております。


お帰りもどうか、お気をつけて。
ご免下さいませ。


散文・妄想でランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
お気に召したらワンクリックをお願いします。
ランキングに関して、詳しくはこちら
別窓が開きます。
by ekoekolove | 2008-10-02 23:29 | モード・エコ