歌花史庵 かかしあん

霧と花によせる繪子ダダ俳句

d0133693_8264937.jpg

天空から降りる長い冷たいカーテンの中はかなく溶ける花乳茸刺
d0133693_827718.jpg


d0133693_8273397.jpg

蜜を吸うには足場がないし根を喰らえば死ぬしと鳥たち面妖な花に兜を脱ぎ
d0133693_828434.jpg


d0133693_8281522.jpg

松虫が鳴くまでと花のベッドで蜂さんおひるね
d0133693_8283468.jpg


d0133693_828423.jpg

しばらくここにとどまっていようと花錨を降ろす
d0133693_8285873.jpg


d0133693_8291449.jpg

乳色の霧に隠れ山母子とろとろとまどろむ
d0133693_8293439.jpg


d0133693_8295560.jpg

ベタすぎてなにも浮かばない吾亦紅
d0133693_8302191.jpg


d0133693_8302921.jpg

「ココに柳蘭で一句入力して下さい」
d0133693_831793.jpg


d0133693_8312448.jpg

お察しの通り引っ越しネタ飽きました。
[PR]
by ekoekolove | 2011-10-05 08:35 | 繪子ダダ俳句