歌花史庵 かかしあん

晩夏のお花畑-3

d0133693_22201741.jpg

霧は気まぐれ、来たり、行ったり。

d0133693_22213055.jpg

ウメバチソウ、確か再会。

d0133693_22222075.jpg

一輪みつけたら、次々みつかりました。

おしべとめしべが時期をずらして成長するそうです。

d0133693_22233537.jpg

すごい拡大してみた。

仮おしべと云うものがあるそうです。
徐々に成長するようで、これはどの段階かな~

時間差で蜜を出して昆虫を誘い込むことで
一輪で受粉することができるのだとか。

今度会えたら、接写で観察してみたい。

d0133693_22365242.jpg

エゾリンドウのつぼみがたくさんありました。

d0133693_22382421.jpg

クサレダマと一緒に。

d0133693_22384753.jpg

もういっちょ。

d0133693_22421465.jpg

クルマバナ(?)の向こうはサワギキョウ。

d0133693_22425445.jpg

名残のキツリフネが濡れていました。

d0133693_2244596.jpg

コバギボウシとかわいいピンクのハナチダケサシ。

d0133693_2245367.jpg

コオニユリはしべまで鮮やかでした。

d0133693_2246150.jpg

そして霧。

d0133693_2246233.jpg

背の低い苔や羊歯が霧に閉じ込められ
天空の箱庭のようでした。

d0133693_22474139.jpg

印象深かったのはウド。

寒くて震えていて、まともに撮れなかったのですが。

d0133693_22491670.jpg

宝飾品のようでした。

d0133693_2249513.jpg

もう少し早ければ、クガイソウも見られるかも。

d0133693_22522081.jpg

[PR]
by ekoekolove | 2011-09-03 22:53 | 繪子のお散歩